top of page

【レポート】浅田飴 こども読み聞かせ会 vol.1(後編)

10分間!みんなは休憩時間。出演する子たちは特訓時間。

覗き見チラリ☆





















「ニャーーーーー!!!!!」 いいよ!いいよ!もっと凶暴に〜!



さあ!いよいよ 後半戦開幕!ステージに上がって お披露目です♪






















“声優さん”たち


























いなかのねずみさん、とかいのねずみさん、ねこさんたち

練習の時より もっともっといい感じにメガ進化!舞台度胸が すばらしい〜!











こちらは“音効さん”。ねこたちが暴れるときの音は どの楽器を使うのかな〜










人間たちが歩いてきた音をスリッパでパタパタ!













「やってみてどうだった^ ^?」













“声優さん・音効さん体験”大成功! 近い将来、現場で会うかも☆ おっきい声出したねー、喉いたわってね。体力使ったねー、糖分摂ってね。浅田飴『乳酸菌マヌカハニーのど飴』プレゼント!

さあ、次は 声と未来十八番。こども飛び入り参加劇『おおきなかぶ』


ステージにおおきなかぶが出てくるから、登場人物になって おおきなかぶを引っこ抜こう! 6名の登場人物を会場から大募集


会場のみんなは「うんとこしょ!どっこいしょ!」の大きな掛け声で、ステージの子達にパワーを送ってね☆



【過去の公演より、“おおきなかぶ”資料写真】










自主公演でも、委託公演でも、リクエストの多いコーナー『声と未来の おおきなかぶ』


お話は進み、いよいよ大きなかぶの登場です。


「おじいさんは 大きなかぶのある畑へと向かいました。大きなかぶは 株式会社浅田飴 代表取締役社長 堀内邦彦さんにそっくりでした.. !」


・・えっ?静かにどよめく会場。登場に慟哭。走る衝撃。そして爆笑。 そうです。公演の始めに スーツ姿でご挨拶をされていたご本人が まさかの おおきなかぶに...!


・・堀内社長は「かぶの役をやってください」とだけしか、担当社員さんに聞かされていなかったそうで “どんな姿のかぶで なにを子どもたちにされるのか”は、まったく聞かされていなかったそうです。


なのになのに、この高度なミッションを二つ返事で にっこり引き受けてくださいました! その柔らかさ...!深さ...! もーーーー、おカブ上がりまくりです!


株式会社浅田飴。明治20年創業。堀内伊三郎初代社長から132年。令和元年に 新たな伝説の始まりを 目撃しました(って、こちらが頼んでおいてナンですが!)。

































おおきな手拍子、掛け声、笑い声の中、無事におおきなかぶは 抜けました!


そして、出演した子どもたちには、堀内社長から 手渡しで浅田飴『乳酸菌マヌカハニーのど飴』を♪


傍らで 子どもたちを送り出しつつ、私「みんなー、スーパーや やおやさんで かぶを見かけたら、浅田飴を思い出してね〜」


めでたしめでたしの おおきなかぶでした。




あれ?引っこ抜いた大きなかぶが空から降って来た! あれれ?いろんな色の風船が降って来たよ!


それじゃあ、みんなで 風船で遊んじゃおう! 風船打ち上げ花火大会だー!













令和おめでとう〜 ドドーン!たーまやー!!














・・・なんだか














・・・もう













カオス。


はい、みんなではげしく、、いや、たのしく遊んで、風船のお片づけも早い早い!!


こうして、お行儀よく始まった 読み聞かせ会は、心地よい汗と筋肉痛で お開きとなりました。ほっぺと 腹筋も筋肉痛だね。


令和元年。こどもの日。 時代の幕開けを体感した 『浅田飴 こども読み聞かせ会』でした。



堀内社長さんと パチリ!

























またね!


Comments


bottom of page