お知らせブログ

【レポート】浅田飴 こども読み聞かせ会 vol.1(前編)

こんにちは! 愛河里花子です。

令和最初のこどもの日、歴史的な一日に 歴史的な公演に携わらせていただきました♪










































株式会社浅田飴主催。声と未来 企画・制作の『浅田飴 こども読み聞かせ会』です♪


“読み聞かせ会”という言葉には 収まりきれない、てんこ盛り いえ あふれ過ぎな 公演となりました!


会場は いつもお世話になっております文化シヤッターBXホール☆ もはや 実家のような居心地...開けっぴろがる心...


何度も言いますが、この日はこどもの日。 気持ちの良いホワイエで、こいのぼりトンネルがお出迎え!


工作番長、かかずゆみ&折笠富美子の力作なんです。あれこれアイデア出し、細部デザイン、ホームセンターへ材料調達、子供のお膝を守るマットの内蔵、安全のためのハトメ打ちオプションまで...!



















































左より、 吹き流し・マーメイド・マーメイド・半魚人。


来場したみなさんは、開演までのじかん、こいのぼりトンネルで遊んだり、浅田飴の包装紙を折り紙にしてカブトを作ってかぶったり、写真スポットで記念撮影したり 思いおもいに過ごしていただきました♪































さあ、そろそろ公演がはじまるよー!


まずは、株式会社浅田飴 代表取締役社長 堀内邦彦さんから はじまりのごあいさつ。












そして、 こどもの日の意味や由来を、浅田飴のCMはさみつつ楽しく解説「こどもの日ってなぁに?」。











お次は、こどもの日にちなんだ絵本の読み聞かせ2作品を♪


まずは 『とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり』作・絵:石井聖岳 「やねよーりーたかいー こいのーぼりー♪」が替え歌で いろんなヘンテコなこいのぼりが 出て来ちゃう!会場からは いたずらっぽい笑い声が^ ^













続きまして 折り紙で折ったかぶとをかぶると不思議なお歌が!そして、置物のはずの きんたろうが突然しゃべりだして...!! おすもうが強くなりたいだいちゃんのおはなし 『だいちゃんときんたろう』作・絵:花山かずみ


だいちゃんの おすもうの場面では 会場から「ガンバレー!」のかわいい声援も!













読み手のワタシたち。いつもは一人で 絵本1作品を通して読むことが多いのですが、今回は3人で1作品を役分けしてお届け♪ 気の知れた3人。セリフの掛け合いや、「3人だけで大勢のキャラが歌っているようにするにはどうしようか?」「キャラを個別に考えず ダークダックスみたく歌う?」「・・ダークダックス?」なんて 若干の年齢差を感じつつ あれこれ企む稽古じかんも これまたたのしいんですよ〜^ ^ さあ、続いては スクリーン人形劇『いなかのねずみと とかいのねずみ』スクリーンに映し出された人形劇の動きに合わせて、私たちが アニメのアフレコのように 声をあてます。