お知らせブログ

【レポート】『おやこアーティスト体験教室 ゆうすいくんて どんな声だろう?』@清水町〜中編

さてさて、前置き長くなりましたが、催しの模様をお伝えします〜。


まずは、オープニング演奏&セレモニー。 あったかい管楽器演奏。そして主催の清水町教育委員会さんのご挨拶、清水町の町長さんのお祝いのお言葉、宮西先生のご挨拶、宮西先生のアーティスト教室をサポートした高校生の感想など。 清水町は 芸術活動に熱いです。


              




























久しぶりにお会いした宮西先生! 「リカコちゃん、元気だった〜?今日はよろしくね〜」 お変わりなく 気さくで大人スマート♪ おじさんとおじさまの 真ん中にスッと立ってる宮西先生。そのバランスったら!



いよいよ、公演☆


まずは 絵本の読み聞かせ。 宮西達也 作・絵の絵本を3作品!


『ヘビくん どうなったとおもう?』 読み聞かせ会でも 大人気の絵本。みんなでヘビくんといっしょに「どてっ!」と派手にコケるのがたのしいです。











続いて『おまえうまそうだな』 ご縁の不思議と しあわせをかみしめつつ〜。。











最後は『ドロドロドロンキーと ゆうすいくん』 清水町の柿田川で 生まれたゆうすいくん!ゆうすいくんの名前は“湧水”が由来。頭は富士山、マントにはミシマバイカモと鮎。 ドロンキーのしでかすいたずらに困った人たちを「ゆうすいマント」「ゆうすいシャワー」などで、たすけてくれます。 そんなドロンキーが、困ったことになると 清水町名産の緑米でたすけてくれる男気もあふれるヒーローです! 柿田川。ミシマバイカ藻。緑米♪ ご当地の誉れと、先生の地元愛が いっぱいつまった作品です!


さて、10分間の休憩をはさんで、いよいよドロドロドロンキーとゆうすいくんの『アフレコ体験』ですよ♪