最近のお知らせ

  • 【開催情報】7月・8月・9月の読み聞かせ会♪
  • 【レポート】渋谷区立広尾小学校 PTA芸術鑑賞会
  • 【レポート】5月の声と未来スタジオ♪
  • カテゴリー

  • お知らせ
  • その他
  • ボイストレーニング
  • レポート
  • ワークショップ
  • 公演
  • 読み聞かせ
  • 講演
  • 賛助会員
  • 開催情報
  • 月別アーカイブ

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年4月
  • おしらせブログ

    【レポート】ここんとこ、とんと絵本を開かなくなったみなさんへ向けた絵本の読み聞かせ会(夜の部)

    さて続いて、夜の部です。

    外に面した壁が全面、半透明のガラスなので、
    昼間は明るく開放的な印象だった会場も、
    日が暮れると暗く静かな集中した空間に変わりました。
    これまたステキ☆

    夜の部のトップバッターも、
    着崩れ知らずの小粋な和服マドンナ(!)かかずゆみによる
    『じゅげむ』(作・絵:川端誠、クレヨンハウス)。

    人情あふれる下町の人々。
    あたたかくて活きのいい会話のやりとり。
    話のテンポも心地好く、
    パーカッションもノリを煽るように
    「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ~♪」のリズムがだんだん早くなり
    お客さんの笑いを誘っていました(^^)。

    つぎは私、愛河の
    『おまえうまそうだな』(作・絵:宮西達也、ポプラ社)。
    普段の読み聞かせと同じように
    47センチの大型絵本を使っていつものように読んでいると、
    ふと、「今は当たり前になってるけど、3年前はこの大きさの絵本があることすら知らなかったな」
    なんて現状に感謝。

    しっかし、この作品は大人に響いてしまう一冊ですよね~。
    ゆみちゃんは、私が読み聞かせ会で読んだこの作品がきっかけとなり、
    声と未来に仲間入りしてくれました☆

    さあいよいよ、特別ゲストの佐久間レイさんによる
    『ふくびき』
    (作:くすのきしげのり、絵:狩野富貴子、小学館)です。

    中嶋譲治さんの美しいピアノが添い、
    空間は一気にクリスマス! 冬の香りに包まれました。
    冬だからこそさらに温かく感じる、
    姉弟・親子・町のみなさんの思いやりやぬくもり。
    指先と目頭がじーんと熱くなるような、
    福“引き”というか、
    福“与え”な物語の世界にトリップしました(^^)。

    続いても、レイさんによる歌唱。
    なんと「アンパンマンのマーチ」!
    ジャジーなピアノで、大人向けバージョンです。

    「今を生きることで~、熱いこころ燃える~、だから君はいくんだ、ほほえんで~♪」
    しっとり、じんわり染みる歌詞。曲。声。
    こんなに愛を歌った歌だったんですね。

    夜の部でもきっちり
    「声と未来」の活動報告をさせていただきました。

    発足当時は3人。
    こんなに同じ志をもつ仲間と、
    賛同してくださる方々が集まってくれるとは
    思い描けませんでした。
    当時を振り返りつつ、ただただ感謝です。

    そして「声と未来の歌声」に続きます。
    夜の部はゴスペル講師の長尾千佳子さん、
    ゴスペルワークショップ受講者のみなさん、
    ゴスペルグループ「one project」のみなさん、
    声と未来副理事・高柳千野によるゴスペルです。

    「You Are Good」
    「Oh Happy Day」
    「Joyful, joyful」

    このホールは普段、結婚式にも使われるそうで、
    教会風の造りと反響がゴスペルにピッタリ!
    迫力のステージでした。

    最後は伊藤美紀による
    『ちいさなあなたへ』
    (作:アリスン マギー、絵:ピーターレイノルズ、翻訳:なかがわちひろ、主婦の友社)。

    我が娘への愛や、想いが描かれている作品。
    会場に娘さんが来ていた彼女は、どんな気持ちで読んだのでしょうか。
    今回、撮影係を引き受けてくれた美紀ちゃんのお嬢さんは、
    レンズを通してどんな気持ちでお母さんを見て、聞いていたのでしょうか。
    ちょっと恥ずかしかったかな?
    お母さんだけ、アップの写真がありませんでした(^^)。

    今回の読み聞かせ会では、
    読み手自身が読みたい本、
    または私が読んでもらいたい本をリクエストしたのですが、
    昼の部も夜の部も、“家族”というテーマが柱になっているものばかりでした。

    「(テーマを決めて)集めたの?」と、
    当日、見に来てくれた友人に指摘されて
    「うわ! ほんとだ!」と気づいた次第ですが(^^)。

    大切にしたいもの。
    それなのです。

    「子育て、やっぱりちょっとタイヘン。誰か短い時間でいいから手ェ貸して~~」な部分を
    「はいよ。じゃ絵本でも読もうかね」なんてお手伝いできたらな、と。
    近所の世話焼きおばちゃん的な団体でありたいと思っています。

    今回の公演は、そんな私たちの子育て“支援”活動を、
    寄付というカタチで“支援”してくださるみなさんに向けて開催しました。

    ご賛同&ご来場いただいたみなさん、
    ありがとうございました。
    チカラが湧きます。
    みなさんのお気持ちを活動に変えて、
    ママ&パパ&子どもたちに全力で届けます!

    また、会場を快く貸してくださったポプラ社さん、
    本当にありがとうございました。
    これからも、月2回の読み聞かせ会@ポプラ社絵本ルームでお世話になります。

    今回いらしてくださった方々が
    この公演をきっかけに、
    絵本を手に取ってみてくれたり、
    小さな子どもや親子連れにやさしい眼差しを向けてくださることを願います。

    みなさん、ありがとうございました!

    05/27 [日]