おしらせブログ

【レポート】ここんとこ、とんと絵本を開かなくなったみなさんへ向けた絵本の読み聞かせ会(昼の部)

日本全国が2012年度の入社式を迎えた4月2日、月曜日。

ポプラ社でももちろん入社式がとり行われましたが、
そんなタイヘンな日に会場を貸してくださいました。

まずは、小粋なお着物姿で登場した(着付けは本人!)かかずゆみによる
『じゅげむ』
(作・絵:川端誠、クレヨンハウス)で
昼の部のスタートです。

誰もが知ってる「じゅげむ」。
でも実は、どんな話なのか誰もがちゃんと知ってるわけではない「じゅげむ」。

「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ~♪」という、
あの名前を語る部分に、パーカッションが木魚のように入りました(^^)。

続いては、愛河里花子の夫、岩田光央による
『とうちゃんなんかべーだ!』
(作・絵:伊藤秀男、ポプラ社)。
まさかの結末に、会場は唖然! のち笑いの渦に!
大人ならではの“ツボ”って……ある☆
私も本屋さんで立ち読みしたとき、
その結末に思わずしゃがみ込んで笑いを押し殺したっけ。

次は私、愛河が大型絵本で
『おまえうまそうだな』
(作・絵:宮西達也、ポプラ社)を読みました。

終盤の文字のないページが大好きです。
その「間」に、読み聞かせの醍醐味が。
しーんとしている静寂の中で、
みんなの心は同じ方向に大きく揺さぶられる、
なんとも言えない一体感が生まれます。

そして、「NPO法人 声と未来」の活動報告へと続き、
立ち上げたきっかけから、現在の活動までをお話しました。

ここで、お話はいったんお休み。
「声と未来の歌声」の時間になりました。

声と未来スタジオで行われているボイストレーニングの講師、石橋優子による歌唱と、
伴奏は数々の有名アーティストのバンドマスターを務めていらっしゃる菊池真義さんです。
ホイットニー・ヒューストンの名曲「I Will Always Love You」に、
THE BOOMの代表作ともいえる「風になりたい」。

歌う人がひとり。弾く人ひとり。
それなのに、あの広がり、あの深さ……。
心に残る時間となりました。

次は、野島健児による『草原の少女プージェ』
(著・写真:関野吉晴)。
絵ではなく「写真」。
物語ではなく「ドキュメント」。
その“真実”が、胸に迫ります。
野島くんが「こどもたちのために活動をしたい」と思うきっかけになった作品だそうです。

そして最後の絵本は、
伊藤美紀による
『ちいさなあなたへ』
(作:アリスン・マギー、訳:なかがわちひろ、主婦の友社)。
ギターはふたたび、菊池真義さん。

この絵本を初めて読んだ時、
私の心の耳には、気がつけば彼女の声が聞こえており、
それでリクエストしてしまった一冊。

特に、娘を持つお母さんに読んでいただきたい絵本。
美紀ちゃんの心にも、とても響いたそうです。
ちなみに、今回の写真はすべて美紀ちゃんのお嬢さんによるものです。

そして最後のごあいさつでは、
思い出に残った絵本の話で『ちびくろサンボ』が話題に!
トラのバターにパンケーキ。どんな味かな~と思いめぐらせたっけ(^^)。

読み手の面々は、
子どものころ、お母さんお父さんによく絵本を読んでもらった人、
まったく読んでもらわなかった人、
いろいろ。
そしてこの日、聞きに来てくださった大勢のみなさんを前に、
絵本の読み聞かせをしているということが、
なんだか不思議なことのように感じられたのでした。

昼の部に、お越しいただいたみなさん、ありがとうございました(^^)。
夜の部のレポートへ続きます☆

05/27 [日]