おしらせブログ

【レポート】『みんなだいすき!声優さんによる ビバおはなしシアター クリスマスバージョン』@養父市立ビバホール(後編)

いやーーー びっくりしました。。
会場のみなさんの休憩中、アフレコ体験に出演するこどもたちの発想や吸収力の素晴らしさ!
たった10分で メガ進化してしまうのです☆

“声優さん”担当のこどもたち。
初めての台本 初めて読むセリフに、物怖じせず しっかりと声を出し、そして感情も乗せて 堂々と☆
“音効さん”たちも工夫をして、スリッパの音がだんだん遠ざかる時は 徐々に音を小さくしたり、さらに!歩く歩幅を考えて お母さんと娘の足音の速さを変えたり!
こどもたちも、教える出演者・スタッフたちも、その様子を見守るホールのスタッフのみなさんも、舞台袖は みんな うれしそう 楽しそう^ ^

いよいよ、ステージでのお披露目は…!
舞台袖での 練習の時よりも さらに 思い切りよく 素晴らしいパフォーマンスができてしまったのでしたー!みーんな大成功!
会場からの拍手を浴びて、イヒヒと笑って ハイタッチ!将来 アフレコスタジオで 再会する子がいるかも^ ^

さぁ、お次は 声と未来恒例、こども飛び入り参加劇『大きなかぶ』。

「おおきなかぶ、引っこ抜きたい人ーーー!!」の呼びかけに「はーい!」
アフレコ体験の呼びかけの時よりも さらに元気に手が上がりました^ ^

…おじいさんが撒いたかぶの種は、すぐに芽を出し実になり ピンポン球くらいの大きさから、運動会の大玉転がしの玉くらいの大きさに育ちました。
「もういい加減に抜いてきてちょうだい」とややキレ気味におばあさんに言われたおじいさんは、かぶの畑へやってきました…

回を重ねてきた『大きなかぶ』。その重要な任務“かぶ役”。これまで、学校の先生や、小学生、爽やか声優、企業の方々…様々な方が 諸事情と役割を飲み込み この役に挑んできました。

元祖かぶ役の岩田光央さん(51)。堂に行ったパンストさばきは、もはや伝統芸能の領域か…未体験なこどもたちの感情を、あらぬ角度から刺激します。

かぶは、無事に抜けました。

あれ?抜けたはずのかぶが 空から降ってきた。あれれ?いろんな色のかぶがいーーっぱい??よーし、じゃ みんなで 大玉風船をボーンボン打ち上げて あそんじゃおう!!真冬の 打ち上げ花火大会だーーー!!

会場 狂喜乱舞。大きすぎる風船 多すぎる風船に、こどもたちは目と口が 開きっぱなしで 大コーフン^ ^
大人たちも童心に戻って、出演者たちも 会場に降りて、いっしょに みんなで風船あそび〜!

はぁー 汗びっしょり。。楽しかったね♪

そろそろ、お開きのお時間です。

おはなしの楽しみ方って、いろいろあるね♪
1人で黙って読んだり、声に出しておもしろく読んでみたり、だれかに読んでもらったり、だれかに読んであげたり。
おうちや、保育園・幼稚園や学校でも 絵本やおはなしを楽しんでね!
大人のみなさんも 本屋さんや図書館で たまに絵本コーナーを覗いてみても なんか楽しいかも☆

公演に、お時間を作って足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました。

お帰り時には、今回の公演のオリジナル缶バッジと、株式会社浅田飴さんから『乳酸菌マヌカハニーのど飴』のプレゼントが♪

お声をかけてくださった 主催の養父市のみなさん、ビバ・ドリームファームのみなさん、ありがとうございました。
また、お会いしましょうねー♪
メリークリスマス!!

 


12/29 [土]