最近のお知らせ

  • 【レポート】11月の声と未来 読み聞かせ会♪
  • 『声と未来スタジオ 12/5 読み聞かせ会〆切のお知らせ』
  • 声と未来スタジオ 12/19 読み聞かせ会〆切のお知らせ
  • カテゴリー

  • お知らせ
  • その他
  • ボイストレーニング
  • レポート
  • ワークショップ
  • 公演
  • 未分類
  • 読み聞かせ
  • 講演
  • 賛助会員
  • 開催情報
  • 月別アーカイブ

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年4月
  • おしらせブログ

    【レポート】11月の声と未来 読み聞かせ会♪

    “今週も 吾子連れ向かう 読み聞かせ
    上原 街路樹 はっぱふみふみ ”

    高い空に大橋巨泉さんを浮かべつつ、七五調で始まってしまいました。秋深まる11月です。

    冷たい雨の日もあったけど、声と未来読み聞かせ会には、毎週元気な赤ちゃんとママが集結!

    11月も 読み手はお楽しみローテーション。
    かかずゆみ、坂本千夏、小島瑞歩、愛河里花子が 務めます♪



    赤ちゃんたち、
    触ってあそぶ絵本や、指人形がついてる絵本、音の出る絵本などに 興味しんしん。



    ちょっと大きくなった1.2.3才児さんたちは
    元気げんき!


    絵本のお片づけや、おそうじも手伝ってくれます。
    靴だって 自分で履けちゃうんだから☆

    「こないだまで、抱っこひもン中 入ってたのにね〜」と、ママたちと命を ほれぼれ見つめたり…

    11月の声と未来読み聞かせ会。お部屋の中はにぎやかポカポカ♪お外は 寒いんだったね!
    お水飲んで 汗拭いて、 風邪なんかひかないぞ!

     


    12/05 [木]

    1 2 3 4 5

    【レポート】『声優とミュージシャンがライブでお届け ハロウィンおはなしシアター!』(前編)

    こんにちは、愛河里花子です。

    愛知県の“長久手市文化の家”森のホールで公演を行いました!大勢の親子連れさんたちの笑顔と笑い声いっぱいの公演となりました。
    『声優とミュージシャンがお届け〜ハロウィンおはなしシアター!』

     

    ・・振り返りまして、今回のあの大きなホールでの公演が、たったひとりのママが 小さな子を連れて 開催希望を主催の長久手市文化の家さんへ直談判してくれて 実現したのだということが、なんだか 夢のようなのです。。

    以前もブログでご紹介しましたが、
    この“ひとりのママ”時髙直子さん が凄いのです。
    代々木上原 声と未来読み聞かせ会 に赤ちゃんをつれてあそびに来てくれる常連さんだったのですが、愛知にお引越しとなってしまったのです。

    すると お引越し先で「愛知県のみなさんにも声と未来の読み聞かせ会を ぜひ見てもらいたい!」と働きかけをしてくれて、
    長久手市文化の家さんが「ガッテン!」してくださり、この度の公演開催が実現したのです。

    長久手市文化の家 発刊冊子「BUNTSU」の “文化の家楽屋裏コボレ話” に 時髙直子さんのコメントが☆

    直子さんの熱い思いを大切に、私たちも 踏ん張りまして、いつもの絵本の読み聞かせや 人形劇、こども飛び入り参加劇のプログラムに「音楽も!」と、強力なゲストを巻き込みました“ピアニカの魔術師”です。彼らは今、各地の幼稚園や小学校の芸術鑑賞会に年間約250公演という超絶バンドなんです。

    身近なピアニカ。でも首から下げて 両手で弾いたことありますか!?
    え?ピアニカってこんな演奏ができちゃうの?というミッチュリーの演奏と、ギター(野口亮)ピアノ(増谷紗絵香)・ドラム(SEAI)の融けあった軍団感たら!

    え?読み聞かせって こんなのもあるの?という声と未来と「合う〜」と響き合い、タッグを組んで 臨みました!

    ハロウィン公演ということで、仮装した子達も大勢ご来場♪

    入場時には、
    浅田飴さんから ハロウィンカラーのオレンジがうれしい『プロポリスマヌカハニーのど飴VC オレンジジンジャー味』と、
    第一パンさんから、今年9月に生まれたばかりの耳まで柔らかい食パン『emini』のプレゼントが☆
    おかげで、子どもたちに、いたずらしちゃわれずに 過ごせそう^ ^

    ロビーには、ARTIMEETさん創作の遊べるキッズコーナーや 工作コーナー、撮影ポイントもあり、開演までの時間や 休憩時間にも楽しめる空間作りに。

    さあ!公演のはじまりはじまり〜
    オープニングは、ピアニカの魔術師。
    幕が開く前に、動かず集中している姿が印象的でした…
    開演の幕が開くとミッチュリーの「スリー、フォー!」で、一気に元気の出る演奏が 爆発的にあふれて 会場はビックリとワクワクで ニッコニコ!

    バンドメンバーの紹介と、声優陣 坂本千夏・かかずゆみ・愛河里花子も ごあいさつをしまして、ハロウィン絵本の読み聞かせです☆

    会場のみんなにも掛け声で参加してもらったよ。
    「トリックオアトリート!おかしくれなきゃ いたずらしちゃうぞー!!」
    子どもたちの元気な声の大合唱!どうしても 8時だよ全員集合の公開録画を思い出してしまう、昭和な子どもの私です。

    続きまして、スクリーン人形劇『おむすびころりん』
    毎回 配役を変えて3人で8役。キャラが被らないよう セリフの順番を間違えないよう、瞬発力とアイデアの出し合いに わっしょいわっしょいしつつ演じています。ご当地ネタを盛り込みながら 長久手市だけの“おむすび”を創りました。

    絵本の読み聞かせも、スクリーン人形劇も、ピアニカの魔術師とコラボ!
    ドアの開く音や フクロウの鳴き声などの効果音や、場面に合わせたBGMを演奏してもらいました♪

    会場のみなさんには、より一層立体的になったおはなしの世界を体感していただけたようです。

    公演前半はここまで!10分間の休憩です☆

     


    11/14 [木]

    1 2 3 4 5

    【レポート】『声優とミュージシャンがライブでお届け ハロウィンおはなしシアター!』(後編)

    『声優とミュージシャンがライブでお届け ハロウィンおはなしシアター!』後半は、ピアニカの魔術師ライブから♪

    踊りたくなる曲 ドキドキする曲、会場のみなさんの一体感を舞台の袖で感じていました!

    そして、ミッチュリーから ピアニカの吹き技ワンポイントアドバイスもありましたよ♪
    うわ〜〜 あの超絶リズムはこんな風に吹くとできちゃうのかーーー
    魔法に一歩近づけるお宝技だ!
    明日、幼稚園や学校で 試してみたくなっちゃうね☆
    カッコイイね、ミッチュリー!

    さて、お次は 声と未来公演十八番、子ども飛び入り参加劇『大きなかぶ』

    前半はスクリーン人形劇ですが、後半は 舞台に大きなかぶご登場して会場から選ばれた6人の子どもが おはなしの登場人物になって一生懸命 かぶを引っこ抜きます。

    そして、客席の大人も子どもも 大きな声で「うんとこしょ!どっこいしょ!」の掛け声で 登場人物たちを応援します。

    声と未来公演、裏主役「かぶ」。
    「今回、かぶ役は誰がやるのか」が、制作サイドの“肝”となっております。
    立候補あり、推薦あり、からの辞退あり、からの説得あり、飲み込みあり 吐き出しあり、衣裳合わせあり、パンストかぶり合わせあり…濃密です。

    当団体には、歴々かぶの脱皮跡〜さまざまなサイズのかぶの皮(全身タイツ・白)〜がございます。
    今回はXLサイズを新調。髪型が特殊なので パンストのかぶり方やデニール数も議論を交わし、工夫を凝らしました。

    発表いたします、2019ハロウィン、大きなかぶを務めまするは、

    “ミッチュリー”です!!!

    さっきまで あんなにかっこよく演奏していたミッチュリー、余韻もなく総タイツ早替え。
    パンストを猛然とかぶり、ハニワのような形相で登場。さざなみ立つ会場。

    初めてのかぶ役とは思えない リアクションの大きさと 無言の子どもいじりには ベテラン芸人の風格と安心感が…
    これは大阪人ゆえでしょうか、いや、ミッチュリーゆえでしょう…!

    会場のみんなの掛け声と手拍子の応援もあって「スポーン!」と、無事にかぶは 抜けました。
    長いかぶの葉っぱが抜けたのに、下からドレッドのまとめ髪がまた葉っぱのように出てきて、ちょっとマトリョーシカみたいだったね♪

    あれ?かぶが降って来た!おやおや 色んな色の大きなかぶ??

    さぁ、最後は みんなで 大玉打ち上げ大運動!

    巨大なバルーン。いつもより 多く降らせております。みんなで 高ーく高ーく 打ち上げよう!

    たのしい時間は あっという間。そろそろ おーしーまーいのじかんです。

    初めてのコラボ企画でお届けした、今回のおはなしシアター。

    長久手市文化の家で、多くの親子さんたちに、声優による絵本の読み聞かせ&人形劇や ピアニカの魔術師による音楽、そしてARTIMEETさんの遊べるアートと、
    いろいろな切り口の“文化”を体験してもらいました!

    ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。この時間、おやこで たのしんでいただけていたら嬉しいです。

    そして 今日を機会に、読み聞かせにチャレンジしてみたり、図書館へ行く機会が増えたり、ピアニカや他の楽器の練習を工夫できたり、色紙やハサミを使って遊ぶことが増えたら、またまた嬉しいです。

    長久手市文化の家の建物と職員のみなさんは、想像力も創造力も応援してくれますよ!
    近くに住んでたら 行かなきゃソンソンな“家”です。

    私たちも また「ただいまー」と帰って来たい家です!

    ありがとうございました。またね♪


    ※終演後記念写真。約1名、バタバタのため加われず。

     


    1 2 3 4 5

    【レポート】絵本の読み聞かせ&ベビーマッサージ@YCC代々木八幡コミュニティセンター

    こんにちは!愛河里花子です
    声と未来スタジオからお散歩圏内のパワースポット代々木八幡宮。
    そこに隣接する おしゃれ公民館YCC代々木八幡コミュニティセンターで、2週に渡り 声と未来がイベントに出演しました!

    10月1日は、愛河里花子と かかずゆみが絵本の読み聞かせ♪

    リニューアル2年目の 清々しくて明るいお部屋!親子さんが大勢遊びに来てくれましたよ♪

    大型絵本は、読み聞かせ会の醍醐味☆

    そして、こどもたちは だんだん絵本と出演者に寄って来て…

    最後は もういっしょに 出演者!!

    声と未来の読み聞かせ…
    今日も笑い過ぎと 筋肉痛。
    風呂上がり、小ジワメンテで顔面パック、 筋肉メンテでサロンパス。早よ 寝たいのに、あちこちあれこれ貼りまくることに 時間を費やすリカコであった!

    そして、10月8日は かかずゆみ先生のベビーマッサージ♪
    ブログも、ゆみちゃんにバトンターッチ!!

     

    はいはーい。
    ベビーマッサージタッチケアセラピスト、かかずゆみです!!

    10月8日は、ベビーマッサージで親子のふれあいの時間を楽しんでいただきました。

    オイルなしだから、安心・安全・簡単!
    服の上からいつでもどこでも何歳からでも始められます。

    いいことだらけのベビマのお話をしつつ…まずはママ達の肩こりチェック。
    マッサージする側の緊張がほぐれ、笑顔が出てくると手にも自然と温かみが増します。

    その優しい手で、赤ちゃんをなでたりさすったり。
    歌や絵本を取り入れながら、沢山のふれあい。

    お家でも是非、親子の時間 楽しんでくださいね♪

     


    10/17 [木]

    1 2 3 4 5

    【レポート】『なないろの声で声優がお届け アニメを見るようなおはなし会』

    こんにちは、愛河里花子です。
    9月29日、行ってきました!

    もうすぐ10月とは思えない夏のようなお天気!

    名古屋から 地下鉄東山線で「藤が丘」駅へ、
    向かうは 長久手市中央図書館♪
    絵本の読み聞かせ会です。

    この読み聞かせ会は 10月27日の 長久手市文化の家公演『声優とミュージシャンがライブでお届け ハロウィン おはなしシアター!』の事前関連イベントです。

     
    もうすぐ本公演、ぜひ いらしてくださいね!
    詳しくはコチラ!

    https://www.city.nagakute.lg.jp/bunka/bunka_ie/butai/koetomirai.html

     
    広くて清々しい空気の流れる 長久手市中央図書館。
    子どもたちも 多く来館。
    ちゃんと静かに、でも瞳はワクワク 本の背表紙を追いながら、気になる一冊に手を伸ばしていました。

    さぁ!2階のお部屋で絵本の読み聞かせ♪

    手遊び〜!っていうか ほぼ体操!

     
    そして特別サービス☆

    本公演で使うスクリーン人形劇の“人形”や“背景”を 間近で見てもらっちゃいました。羊毛フェルトでできた人形。細かいビーズの刺繍の背景。ひとつひとつ 手づくりなんだよ〜

    本公演が待ち遠しいね〜〜
    そして、10月20日には、もう一つの事前関連イベントがあります!

     

    【関連企画・2】
    ハロウィン!カラフルマントをつくろう!

    本公演を盛り上げるためのハロウィン仮装ワークショップ!
    いろんなものにアレンジできるマントとリボンを作ります。

    日時|10月20日(日曜日)
    〔1〕10時30分~12時00分 〔2〕14時00分~15時30分(受付は開演の15分前)
    参加費|無料 ※本公演のチケットが必要です
    定員|3歳以上の親子10組
    講師|ARTIMEET(時高直子・安宮せい子)
    申込|文化の家1F受付へお申込みください。電話予約可 0561-61-3411。

    すごくかわいいマントですよ♪
    本公演では、みんな ぜひ仮装してきてね!

     

    この関連企画・2 の講師 ARTIMEETの 時髙直子さん が凄いのです。

    代々木上原 声と未来読み聞かせ会 に赤ちゃんをつれてあそびに来てくれる常連さんだったのですが、愛知にお引越しとなってしまったのです。

    そこで、「愛知県のみなさんにも声と未来の読み聞かせ会を見てもらいたい!」と働きかけをしてくれて、
    長久手市文化の家さんが「ガッテン!」してくださり、この度 公演開催が実現したのです!!

    長久手市文化の家 発刊冊子「BUNTSU」の “文化の家楽屋裏コボレ話” に 時髙直子さんのコメントが☆

     

    直子さん。嬉しいしかないです。

    1人のママの熱い思いから実現した 長久手市文化の家公演。

    ぜひぜひ 観に来てくださいね!!

     


    10/04 [金]

    1 2 3 4 5

    【レポート】9月の読み聞かせ会♪

    結局、今年もずーっと暑かったですねー、9月!

    声と未来スタジオ読み聞かせ会は、毎回 満員御礼 大賑わい♪

    汗を拭きふき 多くの赤ちゃん連れ親子さんが 遊びに来てくれました。

    8月は 声と未来読み聞かせ会が夏やすみだったので、一ヶ月ぶりに会ったこどもたち。

    「え?歩けるようになったの?」「わ!しゃべった!!」「すごいね〜〜」
    “ちょっと前”が “ずいぶん昔”に感じる、赤ちゃんたちの1ヶ月。みんなして目を細めまくり☆







    過ごしやすくなってくる、秋。
    赤ちゃん連れのお出かけは 季節を問わず荷物が多いけど、道すがらも親子でたのしみながら 読み聞かせ会にあそびに来てね!

     


    10/01 [火]

    1 2 3 4 5

    【レポート】〜YANASE×EhonNavi〜ヤナセ東京支店で読み聞かせ♪

    8/24・25の8月最後の土日、
    明るくて気持ちのよいヤナセ東京支店で、安心感たっぷりの 車たち・パパママたちに見守られながら、元気にたのしく読み聞かせ!

    声と未来スタジオの読み聞かせ会のように、来てくれたお友だちの下のお名前と お年をおもちゃのマイクでインタビューもしたよ♪
    “2さい”とか “3さい”って 指で作るの けっこーむずかしいよね〜〜

    読み聞かせ会で人気の絵本をラインアップ!

    みんなで ケラケラ笑いながら「もーいっかい!もーいっかい!!」のリクエストも♪♪

    手あそびも みんなじょうず!
    「アタマ・肩・ひざ・ポン!」「おべんとうばこ」などなど♪
    おべんとうばこ の手あそびではいろんな大きさのおべんとうばこを作ったよ。
    ふつうのおべんとうばこ・ありさんのおべんとうばこ・おーっきな恐竜のおべんとうばこも!!

    恐竜のおべんとうばこは、「これっくらーいのーー」と、メルセデスAMGの大きさで作って、そこに入れるおにぎりは タイヤの大きさより 大きく作ったんだよ〜^ ^

    読み聞かせのほかにも、“こども免許証”を 写真付きで作ってもらったり、おみやげもいっぱいもらって みんなニコニコ

    おうちの人から「暑い中来てよかったです〜」とうれしいコメント☆

    知ってるつもりの 絵本も、読み聞かせも、車も、実際に体験してみると、想像を超えてグッとくるもの キュンとするものに出会えるかも♪

    &nbsp
    絵本ナビのレポート記事はこちら!
    https://style.ehonnavi.net/ehon/2019/09/02_235.html

     


    08/27 [火]

    1 2 3 4 5

    【レポート】愛河里花子・かかずゆみが読み聞かせ♪ 親子で楽しむ! えほん読み聞かせイベント

    文研出版児童書出版50周年を記念して、ららぽーと豊洲店の紀伊國屋書店で 読み聞かせイベントが行われました!

    大型絵本で『もこ もこもこ』は、愛河が読んだら そのあとみんなで「もこ」「ふんわふんわ」「にょき」「つん」「ぽろり」と振り付け付きで繰り返し♪

    言葉のない絵だけの絵本『かさ』は、ページをめくるだけで 見ているこどもたちが おはなしを創ってくれました。

    『りんごが ドスーン』は、いろんな動物たちが なにをしてるのか、みんな よく見てて「きつねもきた!」「もぐらが まだりんごの中にいるよ!」いろいろ気づきをおしえてくれました。

    『キャベツくん』は、繰り返しの言葉をマネしたくなるよね。
    「ぶきゃ!」「こーなる!」は、だんだん みんなも参加して いっしょに読んでくれたよ☆

    たのしい読み聞かせ会。
    キャベツくんも いつのまにか そっと後ろの方で読み聞かせを見ていたよ!

     


    08/10 [土]

    1 2 3 4 5

    【レポート】7月の読み聞かせ会♪

    7月。東京都心の日照時間は平年に比べて14%程度だったそうです。
    おひさまに なかなかお目にかかれませんでしたね〜。“海の日”も涼しかったですよね。

    雨の日も多かった火曜日。
    荷物も多い未就園児親子さんたちが、元気に読み聞かせ会へご来場♪♪うれしい!

    「夜、寝られてる?」「離乳食ってどんな…」「手足口病 流行ってるね〜」

    読み聞かせ会、たのしいひととき。
    そのあとのおしゃべり、だいじなひととき。

    さぁ!午後もがんばろう♪
    リフレッシュして 雨の中、バイバーイ!

    ゆるやかな つながり。
    ちょっと いつもと違う 場所が、
    のがしになったり、チカラになったりしてたら いいな。。 (読み手のワタシたちのように^ ^)

     

    *坂本千夏*

     

    *かかずゆみ*

     

    *小島瑞歩*

     

    *愛河里花子*

     
    8月、いつもの読み聞かせ会は夏休みですが、
    読み聞かせイベントが あります!

    こちらにも ぜひ☆

     


    07/31 [水]

    1 2 3 4 5

    【レポート】渋谷区立広尾小学校 PTA芸術鑑賞会

    5月30日 広尾小学校のPTAさんにお声掛けいただき 公演を行ないました

    出演は
    愛河里花子、かかずゆみ、野島健児、
    ギター 菊池真義、パーカッション 足立学

    朝からリハーサルも入念に☆

    絵本の読み聞かせ

    “声優さん”体験

    “音効さん”体験

    他にも みんなでリズムに乗って早口言葉の大合唱なども♪♪♪

    広尾小学校のみなさん!
    どうも ありがとうございました!!

     


    06/07 [金]

    1 2 3 4 5

    【レポート】5月の声と未来スタジオ♪

    5月の読み聞かせ会は、なぜか雨の日が多かったですね〜

    でも、多くの親子さんが 元気に遊びに来てくれましたよ☆

    カエルの絵本も 雨でうれしそう!

    6月、梅雨に入っても 遊びにきてね!
    読み手は、かかずゆみ 坂本千夏 小嶋瑞歩でした♪

     


    06/05 [水]

    1 2 3 4 5

    【レポート】シニアホームで読み聞かせ

    夏のような陽射しの5月半ばの土曜の午後。
    声と未来スタジオのある渋谷区の静かな住宅街にあるシニアホームで 愛河里花子が絵本の読み聞かせ♪

    介護にまつわる絵本や、懐かしい昔遊び お手玉が登場する絵本も。
    ボランティアさんがお手玉を作ってくださり、読み聞かせの後、ホームのみなさんは お手玉を手に取り 感触を楽しんだり、
    見事なお手玉遊びを披露される方もいらっしゃいました。

     


    06/03 [月]

    1 2 3 4 5

    【レポート】浅田飴 こども読み聞かせ会 vol.1(前編)

    こんにちは!
    愛河里花子です。

    令和最初のこどもの日、歴史的な一日に 歴史的な公演に携わらせていただきました♪

    株式会社浅田飴主催。声と未来 企画・制作の『浅田飴 こども読み聞かせ会』です♪

    “読み聞かせ会”という言葉には 収まりきれない、てんこ盛り いえ あふれ過ぎな 公演となりました!

    会場は いつもお世話になっております文化シヤッターBXホール☆
    もはや 実家のような居心地…開けっぴろがる心…

     
    何度も言いますが、この日はこどもの日。
    気持ちの良いホワイエで、こいのぼりトンネルがお出迎え!

     
    工作番長、かかずゆみ&折笠富美子の力作なんです。あれこれアイデア出し、細部デザイン、ホームセンターへ材料調達、子供のお膝を守るマットの内蔵、安全のためのハトメ打ちオプションまで…!

    左より、
    吹き流し・マーメイド・マーメイド・半魚人。

    来場したみなさんは、開演までのじかん、こいのぼりトンネルで遊んだり、浅田飴の包装紙を折り紙にしてカブトを作ってかぶったり、写真スポットで記念撮影したり 思いおもいに過ごしていただきました♪


     
    さあ、そろそろ公演がはじまるよー!

    まずは、株式会社浅田飴 代表取締役社長 堀内邦彦さんから はじまりのごあいさつ。

    そして、 こどもの日の意味や由来を、浅田飴のCMはさみつつ楽しく解説「こどもの日ってなぁに?」。

     
    お次は、こどもの日にちなんだ絵本の読み聞かせ2作品を♪

    まずは
    『とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり』作・絵:石井聖岳
    「やねよーりーたかいー こいのーぼりー♪」が替え歌で いろんなヘンテコなこいのぼりが 出て来ちゃう!会場からは いたずらっぽい笑い声が^ ^

    続きまして
    折り紙で折ったかぶとをかぶると不思議なお歌が!そして、置物のはずの きんたろうが突然しゃべりだして…!!
    おすもうが強くなりたいだいちゃんのおはなし
    『だいちゃんときんたろう』作・絵:花山かずみ

    だいちゃんの おすもうの場面では 会場から「ガンバレー!」のかわいい声援も!

    読み手のワタシたち。いつもは一人で 絵本1作品を通して読むことが多いのですが、今回は3人で1作品を役分けしてお届け♪
    気の知れた3人。セリフの掛け合いや、「3人だけで大勢のキャラが歌っているようにするにはどうしようか?」「キャラを個別に考えず ダークダックスみたく歌う?」「・・ダークダックス?」なんて 若干の年齢差を感じつつ あれこれ企む稽古じかんも これまたたのしいんですよ〜^ ^
     
    さあ、続いては スクリーン人形劇『いなかのねずみと とかいのねずみ』スクリーンに映し出された人形劇の動きに合わせて、私たちが アニメのアフレコのように 声をあてます。

     


    05/28 [火]

    1 2 3 4 5

    【レポート】浅田飴 こども読み聞かせ会 vol.1(後編)

    10分間!みんなは休憩時間。出演する子たちは特訓時間。
    覗き見チラリ☆

    「ニャーーーーー!!!!!」
    いいよ!いいよ!もっと凶暴に〜!

    さあ!いよいよ 後半戦開幕!ステージに上がって お披露目です♪

    “声優さん”たち

    いなかのねずみさん、とかいのねずみさん、ねこさんたち
    練習の時より もっともっといい感じにメガ進化!舞台度胸が すばらしい〜!

    こちらは“音効さん”。ねこたちが暴れるときの音は どの楽器を使うのかな〜

    人間たちが歩いてきた音をスリッパでパタパタ!

    「やってみてどうだった^ ^?」

    “声優さん・音効さん体験”大成功!
    近い将来、現場で会うかも☆
    おっきい声出したねー、喉いたわってね。体力使ったねー、糖分摂ってね。浅田飴『乳酸菌マヌカハニーのど飴』プレゼント!
     
    さあ、次は 声と未来十八番。こども飛び入り参加劇『おおきなかぶ』

    ステージにおおきなかぶが出てくるから、登場人物になって おおきなかぶを引っこ抜こう!
    6名の登場人物を会場から大募集

    会場のみんなは「うんとこしょ!どっこいしょ!」の大きな掛け声で、ステージの子達にパワーを送ってね☆

    【過去の公演より、“おおきなかぶ”資料写真】

     
    自主公演でも、委託公演でも、リクエストの多いコーナー『声と未来の 大きなかぶ』

    お話は進み、いよいよ大きなかぶの登場です。

     
    「おじいさんは 大きなかぶのある畑へと向かいました。大きなかぶは 株式会社浅田飴 代表取締役社長 堀内邦彦さんにそっくりでした..
    !」

     
    ・・えっ?静かにどよめく会場。登場に慟哭。走る衝撃。そして爆笑。
    そうです。公演の始めに スーツ姿でご挨拶をされていたご本人が まさかの おおきなかぶに…!

     
    ・・堀内社長は「かぶの役をやってください」とだけしか、担当社員さんに聞かされていなかったそうで
    “どんな姿のかぶで なにを子どもたちにされるのか”は、まったく聞かされていなかったそうです。

     
    なのになのに、この高度なミッションを二つ返事で にっこり引き受けてくださいました!
    その柔らかさ…!深さ…!
    もーーーー、おカブ上がりまくりです!

     
    株式会社浅田飴。明治20年創業。堀内伊三郎初代社長から132年。令和元年に 新たな伝説の始まりを 目撃しました(って、こちらが頼んでおいてナンですが!)。

    おおきな手拍子、掛け声、笑い声の中、無事におおきなかぶは 抜けました!

     
    そして、出演した子どもたちには、堀内社長から 手渡しで浅田飴『乳酸菌マヌカハニーのど飴』を♪

    傍らで 子どもたちを送り出しつつ、私「みんなー、スーパーや やおやさんで かぶを見かけたら、浅田飴を思い出してね〜」

    めでたしめでたしの おおきなかぶでした。

     

    あれ?引っこ抜いた大きなかぶが空から降って来た!
    あれれ?いろんな色の風船が降って来たよ!

    それじゃあ、みんなで 風船で遊んじゃおう!
    風船打ち上げ花火大会だー!

    令和おめでとう〜 ドドーン!たーまやー!!

    ・・・なんだか

    ・・・もう

    カオス。

    はい、みんなではげしく、、いや、たのしく遊んで、風船のお片づけも早い早い!!

    こうして、お行儀よく始まった 読み聞かせ会は、心地よい汗と筋肉痛で お開きとなりました。ほっぺと 腹筋も筋肉痛だね。

     
    令和元年。こどもの日。
    時代の幕開けを体感した
    『浅田飴 こども読み聞かせ会』でした。

    堀内社長さんと パチリ!

    またね!

     


    1 2 3 4 5

    【レポート】大阪 こども食堂で読み聞かせ♪

    こんにちは!愛河里花子です。
    迷わず冬物コートな寒さの2019年3月23日。
    かかずゆみ&愛河里花子が こども食堂で読み聞かせ、いざ大阪!

    片道4時間。
    すぐ寝りゃーいいのに、仕事の話 子どもの話 そしてどーでもいい話などなど2人で 口に任せてしゃべりしゃべりしゃべり…
    で、 そろそろ着くころ、電池が切れて 私 寝る。(はい、いつもそんな具合です。)
    花粉以上に、お肌と喉の乾燥が気になるお年ごろ。

    かかずゆみサン。
    先を読み、前もって準備し行動しつつ、同伴者の忘れ物などないか さりげなくフォローの目配り。

    ひきかえ ワタシ。
    いまだに 新幹線の改札でチケットを入れ方間違い 「キンコン!キンコン!」の音に 悲鳴発汗狼狽 のち乗り継ぎ失敗。 (はい、 いつもそんな具合です。)
    嗚呼 50代。テヘペロでは もう済まされない。。

    最寄り駅から、コンダクターゆみの道案内で、無事 目的地に到着『寺子屋・mae』。
    古民家カフェのようなステキな建物。代表の前田さんは 一級建築士さんだそうです。どうりで!

    近隣の親子連れさんはもちろん、デイサービスから おじいちゃん おばあちゃんも 来てくださいました。ありがとうございます☆

    こども食堂ということで、食育絵本を中心に読み聞かせ♪

    『おまえうまそうだな』は、、食育じゃないか(^^;

    みんな、前のめりに 集中して 絵本を楽しんでたね〜
    そして、ツッコミや 質問の答えが元気で 早い!
    さすが お土地柄^ ^

    じゃんけんあそびをしたり、選手を募ってみんなの前で 対決ゲームをしたり☆
    たっぷり2時間!・・だとおもっていたのに、始まったら もう あーっと言う間に お開きのじかん!

    最後は みんなで はいチーズ♪
    浅田飴さんより『乳酸菌マヌカハニーのど飴』のプレゼントで、もひとつ笑顔に^ ^
    『寺子屋・mae』前田さん、お招きありがとうございました。

    東京ではない場所での読み聞かせ会。
    なかなか会えないと思うと余計に こどもたちとの おしゃべりタイムが たのしく、おくにことばがかわいく 味わい深く、、
    帰りの新幹線の乗車時刻に追い立てられ、後ろ髪引かれつつバイバイしました〜、またねー!

     


    03/31 [日]

    1 2 3 4 5

    【レポート】2月の声と未来♪

    お外はちょっぴり寒くても元気に読み聞かせ会へレッツゴーしてくれたみなさん、ありがとうございました〜

    声と未来読み聞かせ会。始めに おもちゃのマイクでインタビューします「下のお名前をおしえてください☆」「何才ですか?」。
    まだ おしゃべりのできない赤ちゃんは、ママが後ろで 赤ちゃんの代わりに 生アフレコ風にお答えを♪

    そして、ある日、突然 自分で お答えしてくれるのです! まぶしい成長に拍手かっさい!!

    近隣 保育園の子どもたちも♪

    人見知り 場所見知りは 育ちの証♪
    泣いたって だいじょーぶ〜。
    「すいません」は ありません!
    ママも 読み聞かせをたのしみながら、ひとやすみ。
    遊びに来てくださいね〜

     


    03/22 [金]

    1 2 3 4 5

    【レポート】カルピス絵本 読み聞かせイベント〜前編〜

    こんにちは!愛河里花子です。
    こどものころの身近にあったものを思い出してみて ちょっと「おぉ..!」となったのですが、

    成長するにつれ
    フワフワボールからゴム段になっても
    ソフトせんべいから ふつうのおせんべいになっても
    クレヨンから 絵の具になっても
    カスタネットから たて笛になっても
    変わらず 身近にあったのが、絵本と「カルピス」でした。
    絵本と「カルピス」は、乗り物料金“こども”なうちの私とは、 気づかないくらい溶けあってました。
    でも 気づかないうちに疎遠になって、そして、中学の制服を身につけてから 中年の贅肉を身にまとうまで 駆け抜けて来まして いろーんなことがありまして、また 旧友の 絵本と「カルピス」に 再会したのでした♪

    “「カルピス」絵本の家プロジェクト ”
    特設サイトよりhttps://www.asahiinryo.co.jp/calpisehon/

    絵本ナビスタイルより
    https://style.ehonnavi.net/ehon/calpis_ehonhouse/2019/01/11_001.html

    これは、“絵本と「カルピス」で 地域と世代をつないでいく”ことを目指す活動です。
    日本全国、みんなで一緒に「カルピス」と絵本で笑顔の輪を広げていく この取り組み。

    私もプロジェクトサポーターとして、応援させていただきました!

    そして、応援隊イベントの皮切りに、おなじみのメンバーと おなじみのステキなホールで 公演を行いましたよ♪

    かわいい!

    ラベルにご注目♪

    サンバイザーとつるし雛が、みなさんのご来場をお待ちしてるところを、パチリ!

     
    さぁ!公演のはじまりです☆

    アサヒ飲料さんのご挨拶の後、出演者 登場♪

    声と未来より かかずゆみ、坂本千夏、愛河里花子

     
    そして、ゲストの“りぷりんとフレンズ・文京”のミドル・シニアボランティアさんです。
    りぷりんとフレンズ・文京さんは、本日の会場 文化シヤッターBXホール のある文京区で、読み聞かせ活動を精力的に行なっていらっしゃいます。

    りぷりんとフレンズ・文京さんはお2人で、読み聞かせ♪
    春を感じる、そして 無性にドーナツが食べたくなる 『ドーナツやさんの おてつだい』(作/もとしたいづみ 絵/ヨシエ)と
    2回目の会は、「て、おとうさん!」とツッコミを入れたくなってしまう『キツネのおとうさんがニッコリわらっていいました』(作・絵/宮西達也)を。
    かけあいが とてもたのしい^ ^

     

    そして、かかずゆみの読み聞かせ『ひなまつりのちらしずし』(作・絵/宮野聡子)
    ひなまつりのちらし寿司や はまぐりのお吸い物にも、こどものしあわせな未来を祈る意味合いがあるのですね〜
    お友だちをおうちへ呼んで、楽しそうなひなまつり会の様子に ほっこりです。


    さあ、私たちも ひなまつりのお祝いをしましょう♪

    みなさん ホワイエへ移動して「カルピス」で乾杯!

    ひなまつり、こどもの健やかな成長を祈って かんぱーい!
    そして「カルピス」100周年 おめでとう♪かんぱーーい!

     


    03/05 [火]

    1 2 3 4 5

    【レポート】カルピス絵本読み聞かせイベント〜後編〜

    「カルピス絵本 読み聞かせイベント」第2部のはじまりはじまり〜

    まずは、みなさんが書いてくれた 願い事メッセージを選んで、スクリーンに映し出しつつ、声と未来メンバーがご紹介です。
    “お父さんと いっしょにお仕事をしたい!”とか、はたまた“☆☆くんと 両思いになれますように”とか♪
    書いてくれた○○ちゃんの ねがいごと、「叶いますよーに!」と、会場のみなさんも、いっしょに合唱しました!
     

    さぁ、カルピス絵本の読み聞かせにまいりましょう。

    坂本千夏の読み聞かせ『にゃんきちいっかの だいぼうけん』(作/岡本一郎 絵/中沢正人)
    男の子から おじさんまで、千夏さん いろんな“男”を演じ分け☆
    そして、作中の 勇ましい歌も千夏さんオリジナルの作曲で高らかに!冒険心メラメラです^ ^


    最後は、今年のカルピス絵本『ちょっとだけ ちょっとだけ』(作/きむらゆういち 絵/まえはら あきこ)を、私 読ませていただきました。

    かわいいうさぎの4兄妹。ちょっとした欲からうっかり失敗。でも 三人寄れば文殊の知恵ならぬ、四羽寄れば文殊の知恵で 大解決!
    「じゃあ どうする?」を 自分で考え、その考えを仲間に伝えられる、そして折り合いつけつつ 協力し合えるって とってもステキ☆


    4冊目の絵本も「おーしーまい!」
     

    しめくくりは みんなで記念写真。「カラダにピース♪こころにピース♪」


     

    ピース と言えば..
    ご来場された方の感想の中に、85歳のおじいちゃまからのもので、
    少年時代の思い出で、戦後まもなく きわめて薄めた「カルピス」を大事に大事に味わって飲んだというおはなしを読ませていただきました。
    74年前、11才の少年は、水の味の奥にある 甘さの中に、未来の希望の光を 確かめ 味わっていたのかもしれません。
    100年あるって、こういうことか..と お話をかみしめました。

    ちょっと、早めの ひなまつり。
    春を想い
    こどもたちの成長を願い
    「カルピス」の 今までの100年と これからの100年に思いをはせる 1日でした。

     


    1 2 3 4 5

    2019.1.26 川越ホームスミスショウでの読み聞かせ会、無事 終了しました。

    2019.1.26
    川越ホームスミスショウでの読み聞かせ会、無事 終了しました。

    お越しいただいたみなさま ありがとうございました!

     


    01/27 [日]

    1 2 3 4 5

    【レポート】『声優さんによるおはなしシアターin名取』(前編)

    こんにちは!愛河里花子です

    2019年1月19日、カラッと晴れたいい天気。
    声と未来一行は、宮城は名取市へと向かいました!

    名取市図書館が この公演のちょうど一ヶ月前、2018年12月19日にオープン!
    名取駅から 導かれるように渡された歩道橋を歩いて、すんなり1分で着いてしまいます。

    木の温もり、丸みを帯びたデザイン、わかりやすい本の分類、、、来館者を やさしく迎えてくれる居心地よい図書館。うちの近くにあったら ぜったい入り浸る、“住む”勢いで^ ^

    この建物の4階にある増田公民館ホールで、公演です!

    株式会社浅田飴さんから“乳酸菌マヌカハニーのど飴”をいただきました♪ボランティアさんたちが お手渡し。みんなニコニコ☆

    宮城と言えば、牛タン 笹かま 山寺宏一。

    控え室は、地元感あふれまくり。“やまちゃん”ではなく“山寺君 ”な…ちょっと 「ゃまでらくぅん」となる 独特な節があったかい♪
    学生時代のお知り合いまつり^ ^☆

    さぁ、今日の公演も みんなで めいっぱい楽しいじかんを!
    出番1分前。パチリ。

    このTシャツのデザインはやまちゃんオリジナル。写真もやまちゃんが撮ったんだって☆

    サンバイザーで オープンをお祝い!

    湧いてくる湧いてくる!ご当地ネタがいっぱいのごあいさつ^ ^

    さて、最初のプログラムは絵本の読み聞かせ♪

    まずは 私から 『いっこさんこ』(作:及川 賢治 竹内 繭子/文溪堂)
    『いいこでねんね』(作:デヴィッド・エズラ・シュタイン、訳:さかいくにゆき/ポプラ社)

    あっという間に読み終わっちゃう絵本。だけど大好きな絵本 2作品です。

    続いて、
    『ほしじいたけ ほしばあたけ いざせんにんやまへ』(作:石川基子/講談社)
    声を出して読みたい たのしい絵本です♪

    やまちゃんの読み聞かせ!
    何人もいるおじいさんの演じ分けや、早口言葉の呪文が もう 生ける伝説の男『山寺宏一』なのですよ〜^ ^

    読み聞かせの後は、スクリーン人形劇『いなかのねずみと とかいのねずみ』宮城バージョン。いなかのねずみ役 やまちゃんがお国ことばバリバリで お送りする特別バージョンです!

    「おだづな〜!」は 「ふざけるなー!」の意。
    「おどげでねぐ〜」は 「ものすごく」の意。

    どっちも てんてんがつく文字には 全部てんてんがついて 濁音になるためか 音が とがってなくて あったかくてきもちいい..
    怒られても、あまり おこられてる感じがしないのです^ ^

    さぁ、このスクリーン人形劇のワンシーンをアフレコ体験してもらいますよー!“声優さん”と音響効果“音効さん”を大募集。

    10分間の休憩時間に 練習して、皆さんに披露します♪後編へつづく☆

     


    01/26 [土]

    1 2 3 4 5

    【レポート】『声優さんによるおはなしシアターin名取』(後編)

    さあ、10分間の休憩時間中、出演する子たちは、特訓しましたよ〜

    “音効さん”は、使いたい楽器をワクワク選び

    “声優さん”は、まだ、字が読めない小さな子も ねずみ役のアフレコに挑戦!
    耳元で リカコ女将のセリフのささやきを聞きながら 、その場で覚えて しっかり演じてくれました♪

    結果は、みんな大成功!!
    「やってみて どうだった??」の質問に 多くの子が「・・はずかしかった」と^ ^
    いえいえ、 みんな堂々と 演じてくれてたよ!“声優さん”チームも、“音効さん”チームも☆奥ゆかしいのは、お土地柄なのでしょうか^ ^。

    さあ、お次は 声と未来の十八番、『大きなかぶ』
    スクリーン人形劇で おなじみのおはなしは進みますが、途中、実際にステージにおかしな大きなかぶが出てくるので、それを会場から 選ばれた6人の子どもたちが 「うんとこしょ!どっこいしょ!」と 役になりきってチカラいっぱい引っこ抜きます。

    大役の大きなかぶ。今回の公演は 名取市図書館の職員の方が 担当してくださいました!
    (パンスト芸という、一般的にはハードル高いこの役を決めるまで、職員のみなさん どんなドラマがあったのでしょう…!)

    写真がちょっと遠目で わかりにくいかもですが、ひっぱる子どもたちが増えるごとに、否応無く激しさを増してしまう“かぶ”の顔芸
    「せっかくの顔が見えないから、かぶ(白風船)をもっと下に持って〜」の やまちゃんの演出にも 会場沸きました

    かぶが元気に「スポーン!」と抜けて みんなバンザイ、めでたしめでたし〜

    無事に“仕事”を終えた 子どもたちが サイン色紙をもらってお席に帰ろうとした、その時!
    あれ?抜いたはずの白くて大きなかぶが降ってきた!あらら?おどげでねぐたくさんのいろんな風船が!!

    「じゃあ、みんなで ボーンボン打ち上げてあそんじゃおう!真冬の打ち上げ花火大会だーー!!」
    キンチョーしながら、風船を、降らすタイミングを計ってくださっていた名取市図書館のボランティアのみなさん、ありがとうございました!

    カラフルで 大量の おっきな風船に、こどもたち大喜び!ほんと 風船だいすきですね〜

    わっしょいわっしょい たーまやーーー♪
    やまちゃん、ぼんおどり??^ ^!

    みんなでケタケタ笑って むやみに楽しい時間。はぁー お外は木枯らしだけど、会場はポカポカだね〜!

    あっと言う間にお開きのじかん。
    お時間作って、足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました。
    名取市図書館のみなさん、ありがとうございました。

    通えばきっと人生を豊かにしてくれる心地よい居場所、名取市図書館。知と癒しのパワースポットです。生活圏内な方は 読んだことない お話に出逢いにぜひぜひですよ!
    またね♪

     


    1 2 3 4 5

    【レポート】委託公演・代々木八幡コミュニティセンターイベント『YCC de クリスマス』

    株式会社シアターワークショップさんからのご依頼で 声と未来ゴスペル講師 長尾千佳子がゴスペルワークショップを行ないました。

    全5回のワークショップで、最終回の12月22日は発表会♪
    リニューアルした代々木八幡コミュニティセンターのスタジオで お客様をお招きして練習の成果を披露しましたよ!

    ゴスペル発表会の前に、まずは野島健児君と 私で、アフレコ風スクリーン人形劇『アリとキリギリス』をライブでお届け♪

    けんちゃんキリギリスの高らかな歌い上げに 会場の子供たち びっくりケラケラ!
    アリ5匹は 私が担当。回を重ね それぞれの性格が なんだか色濃く育ってきましたよ^ ^
    ハッピーエンドの アリとキリギリス。大人もこどもも おはなしを楽しんでくれたようです。

    続きまして、ゴスペルワークショップ発表会。
    声と未来ゴスペルクラスのメンバーも、応援参加。ハーモニーに厚みが生まれました。

    そして、歌が本業の当団体副理事長 高柳千野が ソロパートを☆
    英語の曲だけど、こどもたちも ノリノリ! 立って手拍子しながら、コールアンドレスポンス!!
    会場のみなさま、リラックスムードで 笑顔で手拍子。あったかムードなクリスマス会です^ ^

    当日は、渋谷区の公立小学校・中学校が登校日。お天気も 時々雨で 「お客様、来てくださるかなーー」と心配しましたが、用意していたお椅子では足らず、どんどん増やすほどの大盛況!
    来てくださったみなさま、どうも ありがとうございました。

    ご来場いただいた方全員に、株式会社浅田飴さんより 『乳酸菌マヌカハニーのど飴』を☆
    思わぬプレゼントに、みんなニコニコ!

    YCCコミュニティセンター。こどもの遊び場もあるし、コンセント付きのデスクもあるし、和室の畳も新しくて い草のいい香り。。

    機会があれば イベントをチェックして、お出かけしてみてください♪
    代々木八幡宮への お立ち寄りも ぜひぜひです!

    *声と未来ゴスペルソングのレッスンについては、コチラ!

     


    12/30 [日]

    1 2 3 4 5

    【レポート】『みんなだいすき!声優さんによる ビバおはなしシアター クリスマスバージョン』@養父市立ビバホール(前編)

    こんにちは、愛河里花子です

    NPO法人ビバ・ドリームファームの渡邊さんにお声掛けいただいたのは、およそ2年前。。。ついに 結実いたしました 養父市公演!!

    養父市、、「ん?なんて読むのかな〜」ではないですか?ようふし??やしちちし??いえいえ、“やぶし”と読むのです^ ^
    養父市さんたら、以前は こんなキャンペーンも!

    声と未来一行、初めての飛行機の乗り継ぎ、初めての兵庫県養父市に、ドキドキワクワク向かいました。
    伊丹空港からのコウノトリ但馬空港までのプロペラ機は、『悪天候の影響で 伊丹空港に引き返す場合がございます』のアナウンスにゾクゾクソワソワしましたが、よかったよかった無事 到着!
    「これで公演は できる!たとえ 帰れなくても!」と 極論飛び出しつつ、一同大安心^ ^

    養父市ビバホール、ビバ ドリームファームのみなさんと、養父市のゆるキャラ“やっぷー”が あたたかくお出迎えしてくださいました。

    公演当日、最低気温11度・最低気温2度の養父市。雨や雪が降らなくてよかった!

    2回公演でしたが、どちらの回も満員御礼。ほんとうにありがとうございます☆

    クリスマスムードを盛り上げる音と光のイリュージョンなオープニングの後は、ごあいさつ。

    出演は、山寺宏一・岩田光央・愛河里花子です。
    出番の2分前に舞台袖で「おどろうか」と やまちゃんからご提案。「ガッテン!」と出演者&ゆるキャラやっぷー。

    「メリクリ♪メリクリ♪おはなしシアター、ビバ!!」と、オリジナルソングで 加齢な、、、(変換ミス)華麗な ステップを披露しました!!
    やっぷーの軽妙ステップに、こちらは 軽妙トークでなんとかチャラを狙いつつ進行^ ^

    さて、はじめのプログラムは絵本『もうじゅうはらへりくま』(作:塚本やすし)を、岩田光央が読み聞かせ。

    読み聞かせ会でも人気の作品。かわいくて大迫力、そして 食育や環境問題も盛り込まれている絵本です。

    岩っサン、「がおー!うおーー!」の大熱演にこどもたち大爆笑。休憩時間には、モノマネする子たち 多発。絵本を元に ごっこあそびは、読み聞かせ後のお楽しみだよね♪

    次は『あいたくなっちまったよ』(作:きむらゆういち 絵:竹内通雅)を、山寺宏一・愛河里花子が、読み聞かせ。

    ちょっとドスの効いたヤマネコと よれよれのお父さんねずみをやまちゃんが。子ねずみを私が 担当しました。
    お父さんに読んでもらいたい絵本。細やかな愛情いっぱい絵本。でも 照れくさくなく 読み聞かせできちゃう絵本です。

    絵本の読み聞かせに続きまして、『スクリーン人形劇・いなかのねずみと とかいのねずみ』(脚本:愛河里花子)おはなしCD『あったか たのしい世界の童話』から、人気の作品を人形劇にしました。スクリーンに映し出された人形劇に アニメのアフレコのように 出演者が声をあてます。

    いなかのねずみをやまちゃんが、とかいのねずみを私が。絵本の読み聞かせから立て続けに ねずみ役を演じます♪
    今度は 親子ではなく、友だち。いなかと とかいの違いにケンカになるけど、お互い 聞く耳を持って相手のおはなしを聞くと。。

    さて、このスクリーン人形劇。一つの場面を切り取り、会場のこどもたちに “声優&音効さん 体験”をしてもらいますよ☆

    いなかのねずみ役、とかいのねずみ役、そして、暴れネコ役。「声の出演は なんかはずかしー」とか、「声優サンじゃなくて スタッフさんをやってみたい」という子のために“音効さん”の出番も用意しました。
    音効とは、音響効果のこと。人間の歩く足音や、ネコとねずみたちの大暴れのシーンで ドタバタする音響効果を アナログな方法で、楽器や スリッパなどを使って 効果音を その場で つけてもらいます。
    (1997年 三谷幸喜さんの映画で『ラヂオの時間』という作品ありましたよね!あの中で、現在 守衛さんだけど、実は伝説の音効さん役を藤村俊二さんが演じてましたよね!あの作品が大好きでして^ ^)

    「やりたい子ーー!」と 会場のこどもたちに声をかけると 「ハーイ!ハーイ!」の嵐!!

    選ばれたこどもたちの練習の間。みなさん、10分間の休憩です☆さあ、どうなるでしょう、後半に続く!

     


    12/29 [土]

    1 2 3 4 5

    【レポート】『みんなだいすき!声優さんによる ビバおはなしシアター クリスマスバージョン』@養父市立ビバホール(後編)

    いやーーー びっくりしました。。
    会場のみなさんの休憩中、アフレコ体験に出演するこどもたちの発想や吸収力の素晴らしさ!
    たった10分で メガ進化してしまうのです☆

    “声優さん”担当のこどもたち。
    初めての台本 初めて読むセリフに、物怖じせず しっかりと声を出し、そして感情も乗せて 堂々と☆
    “音効さん”たちも工夫をして、スリッパの音がだんだん遠ざかる時は 徐々に音を小さくしたり、さらに!歩く歩幅を考えて お母さんと娘の足音の速さを変えたり!
    こどもたちも、教える出演者・スタッフたちも、その様子を見守るホールのスタッフのみなさんも、舞台袖は みんな うれしそう 楽しそう^ ^

    いよいよ、ステージでのお披露目は…!
    舞台袖での 練習の時よりも さらに 思い切りよく 素晴らしいパフォーマンスができてしまったのでしたー!みーんな大成功!
    会場からの拍手を浴びて、イヒヒと笑って ハイタッチ!将来 アフレコスタジオで 再会する子がいるかも^ ^

    さぁ、お次は 声と未来恒例、こども飛び入り参加劇『大きなかぶ』。

    「おおきなかぶ、引っこ抜きたい人ーーー!!」の呼びかけに「はーい!」
    アフレコ体験の呼びかけの時よりも さらに元気に手が上がりました^ ^

    …おじいさんが撒いたかぶの種は、すぐに芽を出し実になり ピンポン球くらいの大きさから、運動会の大玉転がしの玉くらいの大きさに育ちました。
    「もういい加減に抜いてきてちょうだい」とややキレ気味におばあさんに言われたおじいさんは、かぶの畑へやってきました…

    回を重ねてきた『大きなかぶ』。その重要な任務“かぶ役”。これまで、学校の先生や、小学生、爽やか声優、企業の方々…様々な方が 諸事情と役割を飲み込み この役に挑んできました。

    元祖かぶ役の岩田光央さん(51)。堂に行ったパンストさばきは、もはや伝統芸能の領域か…未体験なこどもたちの感情を、あらぬ角度から刺激します。

    かぶは、無事に抜けました。

    あれ?抜けたはずのかぶが 空から降ってきた。あれれ?いろんな色のかぶがいーーっぱい??よーし、じゃ みんなで 大玉風船をボーンボン打ち上げて あそんじゃおう!!真冬の 打ち上げ花火大会だーーー!!

    会場 狂喜乱舞。大きすぎる風船 多すぎる風船に、こどもたちは目と口が 開きっぱなしで 大コーフン^ ^
    大人たちも童心に戻って、出演者たちも 会場に降りて、いっしょに みんなで風船あそび〜!

    はぁー 汗びっしょり。。楽しかったね♪

    そろそろ、お開きのお時間です。

    おはなしの楽しみ方って、いろいろあるね♪
    1人で黙って読んだり、声に出しておもしろく読んでみたり、だれかに読んでもらったり、だれかに読んであげたり。
    おうちや、保育園・幼稚園や学校でも 絵本やおはなしを楽しんでね!
    大人のみなさんも 本屋さんや図書館で たまに絵本コーナーを覗いてみても なんか楽しいかも☆

    公演に、お時間を作って足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました。

    お帰り時には、今回の公演のオリジナル缶バッジと、株式会社浅田飴さんから『乳酸菌マヌカハニーのど飴』のプレゼントが♪

    お声をかけてくださった 主催の養父市のみなさん、ビバ・ドリームファームのみなさん、ありがとうございました。
    また、お会いしましょうねー♪
    メリークリスマス!!

     


    1 2 3 4 5

    【レポート】声優たちによる読み聞かせ×ゴスペルクリスマスソングの会♪

    こんにちは、愛河里花子です。

    火曜日、ド平日、午前中。

    45分、密度の たっかーいクリスマス会を行いましたよ☆

    文京区 文化シヤッターBXホールさんをお借りして、近隣園児さん およそ200名さんとともに!
    新幹線に乗って駆けつけてくださった一般のお客様もいっしょに!

    出演者は、全員 声と未来 会員でございます♪
    折笠富美子・かかずゆみ・坂本千夏・野島健児・宮村優子・愛河里花子。個性バラバラ 味付け濃い目の気のいい仲間^ ^

    今日の絵本は『サンタさんから きたてがみ』(福音館書店)キャラクターが多くて、マイクの入れ替わりが慌ただしくて、なんかたのしくて、燃えます☆

    ほっこりナレーションは ゆみちゃん。
    メインのねずみの郵便屋さんはみやむー。
    おおきなクマは低い声で けんちゃんが。私はカラス。
    そして、おりちゃんのかわいいうさぎ&キツネ兄さんや、千夏さんは ちっさいリスの坊や&フクロウおばさん&サンタクロースの掛け持ちです^ ^
    クリスマスツリーが登場するページは パァッと明るく、動物たちが大集合してて みーんないいお顔。
    BXホールに大集合して、同じ絵本眺めて笑ってるこどもたちも みーんないいお顔。

    さて、お次は スクリーン人形劇『おむすびころりん』うっかりおむすびをころりんしちゃうおじいさんは、野島けんちゃん。にぎやかなねずみたちは 女子たちが♪

    ねずみたち。おじいさんへのお礼の出し物 「得意なアニメキャラのモノマネコーナー」もしっかり入れ込みました!(“おじいさん”もモノマネ返しを!)

    園児たちに「どうだった?モノマネ。似てたよね〜」の問いかけに「似てないのもいた!」との声が!!
    出演者、笑いと冷や汗が吹き出します。

    さあ、次は お歌のコーナー!クリスマスムードを盛り上げます。

    おなじみのクリスマスソングの合唱。

    そして、千夏さん&おりちゃんが、かわいくすてきな歌声から、ど迫力パワフルボイスに昇ってゆくカッコいい〜ゴスペルを!!

    最後は、あわてんぼうのサンタクロースを 手あそびのような振り付けをしつつ 会場のみんなも歌いました。

    帰りは 浅田飴さんからクリスマスプレゼント、『乳酸菌マヌカハニーのど飴』をいただき、こどもも 大人もみんなニコニコ♪

    少し早めのクリスマスをみんなでにぎやかに味わいました☆

    保育園に戻ってからも 絵本や おはなしや お歌
    を楽しんでね。
    お時間を作って、足を運んでくださった一般のみなさん、ありがとうございました^ ^
    メリークリスマス!!

     


    12/22 [土]

    1 2 3 4 5

    【レポート】宮城こども病院で読み聞かせ♪

    こんにちは、愛河里花子です。

    ジングルベルが聞こえてきたら、毎年 仙台へ読み聞かせ☆

    山寺宏一さんのお声かけで 6年前から 訪問している宮城こども病院の「ときめき 光の草原」 点灯式です♪

    こどもたちがスイッチオンすると 中庭をトナカイさんやツリーがキラキラキラ!歓声が上がりました。

    やまちゃんとの読み聞かせ。
    今年の絵本は『いいこでねんね』(ポプラ社)。
    寝かしつけに ちょっとお疲れ気味なパパをやまちゃんが、ちっとも寝ない娘のピーヨを 私が。


    続いて、声と未来十八番、『おおきなかぶ』。地元 企業の皆さんに 出演のお手伝いをしていただきました♪
    「うんとこしょ!どっこいしょ!」

    最後は みんなと写真撮影大会でした。
    ポケモンの進化や技について 詳しくおしえてくれる子。
    おみやげは ずんだ餅がいいよとおしえてくれる子。
    おしゃべりも たのしみのひとつです☆

    12月4日、仙台は16.9度のコートいらずでポカポカでした。
    こども病院のポカポカは、気温のためだけでは ないようでした^ ^

     


    1 2 3 4 5

    【レポート】「〜とっておきのじかん2018〜 声優たちがライブでお届け ハロウィンおはなしシアター」(前半)

    こんにちは!愛河里花子です。

    今年の声と未来公演は、ちょっと早いハロウィンがテーマです。
    「ハロウィン」地方公演も含め、毎年、定番になりつつありますね☆

     

    酷暑が続き、やっと涼しくなってきた、、というか、寒い日なんかもあったのに、公演当日2018年9月17日は 東京32℃の真夏日に逆戻り!

    汗を拭き拭き会場についたみなさんに、冷たいカルピスをどーぞ♪
    アサヒ飲料さんがふるまってくださったカルピス。あぁ…この味、この濃さが、水とカルピスの黄金比率なのね…!

    そして、浅田飴さんより みなさんへ、甘酸っぱさが心地よい “のど飴はちみつ杏”をプレゼント♪「ハッピー ハロウィン!」

    え?1人 1袋いただいちゃっていいんですか?と お客様方 うれしい とまどい^ ^

     

    さあ、公演は いよいよ はじまりはじまり~

    みんなで手遊びをした後、出演者を呼び込みます♪

    坂本千夏さん、伊藤美紀さん、宮村優子さん、かかずゆみさん、そして私。
    バラバラだけど、同じ。同じだけどバラバラ。ちがう穀物が同じ根っこから生えた といったかんじです(なんか、花や野菜では..ないイメージ^ ^)。

     

    まずは、『ハロウィンてなあに』
    そもそも ハロウィンて なんなんだろう~を、おなじみのキャラクターの声を交えつつ スクリーンを使ってご紹介。

    大きなかぼちゃのジャックオーランタンは、もともとは 大きなかぶで作られてたんだって~

     

    さぁ、絵本の読み聞かせ!

    ハロウィンのえほん『トリック オア トリート!』
    作:岡村志満子(くもん出版) 、 読み手:かかずゆみ

    会場のみんな、声を揃えて大きな声で「トリック オア トリート!お菓子くれなきゃいたずらしちゃうぞーー!」
    ページをめくるたびに 変わったおうちの変わった住人が お菓子をプレゼントしてくれます♪ゆみちゃんの演じ分け、楽しい!
     

    『くまのこうちょうせんせい』
    作:こんのひとみ、絵:いもとようこ(金の星社)、読み手:伊藤美紀

    実話を元にしたお話。「大きな声であいさつしよう」について もう一つ奥まで考えさせてくれる。間違えたことをしたと思ったら 大人が子どもに まっすぐ謝る。勇気や 思いやりの大切さを 響く文章と美紀ちゃんの声がすんなり心に届けてくれます。
     

    『おばけマンション』
    文:鈴木翼、絵:村上康成(世界文化社)、読み手:坂本千夏

    ハロウィンにピッタリな絵本☆小さな子に向けた絵本だけど、意外な結末でストーリーも楽しめます!千夏さん演じる歯がないドラキュラや かわいいドラゴンに 会場の子どもたちも大人も大笑い♪
     

    『ええところ』
    作:くすのきしげのり、絵:ふるしょうようこ(学研プラス)、読み手:宮村優子

    わたしって ええところ ひとつもないなぁ。。
    小学校の先生だった作者さんの描く、子どものやりとりや心の動きが沁みます。神戸出身みやむーによるネイティブな関西弁での対照的な2人の女の子のおしゃべりったら!
     

    『いっこ さんこ』
    作:及川賢治・竹内繭子(文溪堂)、読み手:愛河里花子

    “いっこ”“さんこ”しか言わない、73文字だけのちっちゃい子向け絵本。おうちで読み聞かせしてると 子どもに よく言われますよね「もっかい!」って^ ^
    だから 会場から言われる前に 自分で「もっかい!」と言って 3回読みました。会場のみんな、私の真似して 大声で読んで、どんどん早くしても みんな付いてきて、てか追い越される勢いの ヘンな競技みたいな 愉快な読み聞かせになりました。
     

    はい、ここで前半終了、休憩でーす
    後半に続く♪

     


    10/01 [月]

    1 2 3 4 5

    【レポート】「〜とっておきのじかん2018〜 声優たちがライブでお届け ハロウィンおはなしシアター」(後半)

    さあ!休憩で 広いホワイエで飛び跳ね、リフレッシュした子どもたち^ ^

    まずは、いっしょに
    『フルーツケーキいただきます』
    さく:岡村志満子(ポプラ社)、読み手:愛河里花子

    ピンクのかわいらしい絵本ですが、会場の子どもたちと“一番低い声で”いっしょに読みます。
    クリームを「・・・ぬ~りぬり…」、くだものをかざって「・・・ポン ポン ポン…」。

    子どもたち♪地声のかわいい声を、眉間にシワ寄せ、低くしようとする姿に、大人たちは にっこり平和なクスクス笑い♪

     

    さて!お次は 声と未来オリジナル スクリーン人形劇『うさぎとかめ』
    脚本:愛河里花子、うさぎ:宮村優子、かめ:かかずゆみ、ナレーション:伊藤美紀

    せかせかうさぎと まったりカメのおなじみのあのお話。
    でも、この うさぎとかめは、かけっこ競争の後、みんなの知ってるお話とは ちょっと違うのでした!
    気になるアナタは おはなしCD『~こどもとの暮らしを楽しむ言葉を散りばめた~昔ばなしと お歌』を☆(ご購入は→こちらから♪)

    ・・なんだろう。ゆみちゃんかめと みやむーうさぎのボケツッコミは 長年毎週ライブやってきました的な円熟名コンビっぷり。

    みやむーうさぎ「会場のみんな!かめ 見た~?」こどもたち 「もう 先に行っちゃったよー!!」「あっち 行ったー!!」と大声で答えるけど みやむーうさぎは「あー?…なんか電波悪いなー」… みやむーアドリブ祭り^ ^ に会場は大笑い。
    「志村後ろ!」的な 会場とのやりとりは、昭和の子も平成の終わりの子も、ひとつも変わらず「アンタも好きね~」なんですねーー

    最後に たった一言、「おしまい!」という千夏モグラ。

    人形劇に登場する羊毛フェルトの人形も背景も すべて モモカオリさん 手作りです。帽子も衣装もね♪

     

    続きまして、声と未来十八番 こども飛び入り参加劇『大きなかぶ』
    脚本:愛河里花子、登場人物・ナレーション:坂本千夏、愛河里花子

    登場人物 6役を大募集!「舞台の上で、大きなかぶ、引っこ抜きたいひとー!!」ブログなどに顔出しOKの許可をおうちの人に もらってから、こどもたち大きな声で「ハーイ!ハーーーーイ!!!」の嵐。

    恥ずかしくて隠れちゃう子。なんの役でもやりたい子。どうしても“犬役”がやりたい子。思いはいろいろだね~

    出演者が会場に下りて、「キミに決めた!」。舞台へエスコートします。

    ステージの上で、みんな しっかりとお名前もお年も 言えました。

    美魔女トリオが、こどもたちを やさしくたのしくサポート☆
    そして、声と未来の金さん銀さんが 登場人物の声を担当し、おはなしを進めますよー

    会場のみんなは、「うんとこしょ!どっこいしょ!」の掛け声と手拍子で 応援します。練習の時から、大声バッチリ息もピッタリ 最強応援団だ☆

    おかしなおかしな大きなかぶ。
    かわいい俳優さんたちと 会場のみんなの応援のチカラで、すぽーんと気持ちよく抜けました、「バンザーイ!!」

    参加してくれた俳優さんたち、出演者の寄せ書きサインをもらって、あーくーしゅ!ありがとうね~♪

     

    あれ?抜いたはずの大きなかぶが また 出てきた!あれれ?色違いのかぶも たくさん?!

    よーし みんなで ポーンポン打ち上げて あそぼう!文京区打ち上げふうせん花火大会だーーー!!

    会場は、も~わちゃわちゃ!よい子もパリピに大変身。大人も 子どもも 出演者たちも、 たーっくさんの巨大ふうせんで ポンポン バシバシ ブワンブワン、打ち上げ 打ち合い あそびました~

    「はい、そろそろ 終了ー」口、開けてたね~。首、上向っぱなしで疲れたね~。
    おかたづけも 早い早い!

    たのしい時間は、あっと言う間。「おーしーまい!」の時間になってしまいました。
    『ハロウィンおはなしシアター』きゅんとしたり、ワクワクしたり、大きな声で笑ったり。盛りだくさんの90分だったね~

     

    今回の公演も、たくさんの笑顔に会えました。

    いつも、声と未来を応援してくださっているみなさん、
    ご都合をつけて会場に足を運んでくださったみなさん、
    ご協賛いただいた 文化シヤッターさん、浅田飴さん、アサヒ飲料さん、
    ご後援いただいた 文京区社会福祉協議会さん、

    ほんとうに ありがとうございました。
     

    声と未来の活動をきっかけに、
    絵本や 読み聞かせや おはなし会や おやこの時間を もっと楽しんでいただけたらうれしいです♪
    毎週 火曜日の、声と未来 読み聞かせ会にも、ぜひ あそびにいらしてください!赤ちゃん連れのママパパたちの憩いの場となってます。

    またね!

     


    1 2 3 4 5

    【レポート 】ボイトレ講師 Yukoと ゴスペル講師 長尾千佳子が、出張講義!

    アトミックモンキー声優/演技研究所の特別講座。1年生は講師Yukoによる“ボイストレーニング”、2年生は講師 長尾千佳子による“ゴスペルソング”を行いました。

    まずは、元気な1年生 およそ150名に向けて、Yuko先生の“ボイストレーニング”。

    枯れにくい声、つぶれにくい声、マイク乗りの良い声を作るために、さぁトレーニング開始!!

    楽しくカラダを動かしながら、無理のない自然な呼吸と声の響きを結びつけるために必要な「発声筋」を養います。

    側から見ていると「ん?宴会芸?」のような動きとおもしろい声の発声もあり、みんな笑いが絶えませんが

    気がつくと「あれ?こんなに激しく動きながら発声してるのに、声が揺れていない!」という状態に、、!!

    イメージしにくいカラダの中の使い方を、とてもわかりやすく 教えてくれます。

     

    2時間目は、2年生およそ60名に向けて 長尾千佳子先生の“ゴスペルソング”。

    明るく 気持ちよく 声を出していきましょう!

    ゴスペルは楽譜を使いません。音を聞いて覚える力が付き、自然とセリフ表現の幅も広がっていきます。

    「発声と聴く力」の鍛練となり、地声の音域を広げる・肺活量を増やす・音の違いを的確に耳で捉えるなど、スキルに磨きをかける要素がたくさん詰まっています。

    『個を生かして 和を保つ』というハーモニー作りのための大きな柱も 声の仕事の現場においての大事な要素と重なります。

    さすが2年生。ソプラノ・アルト・テナー・バスの4声に分かれてのパート練習では、初めて会った仲間も多い中、それぞれがリーダーのように とても意欲的に取り組み、音程やリズムを確かめあい、有意義な時間を作りあげていました。

    そして、4つのパートが揃っての合唱は 高揚感たっぷりの歌声!大迫力でした。

    ボイストレーニングとゴスペルソングの特別講義は、感動と達成感の90分となりました。

    外の蒸し暑さを忘れさせる、スカッと晴れやかな空気が体育館いっぱいに広がり、みんなの笑顔がはじけました!

     


    08/06 [月]

    1 2 3 4 5

    【レポート】アサヒ飲料×絵本ナビ カルピス絵本読み聞かせイベント

    愛河里花子が、アサヒ飲料×絵本ナビ カルピス絵本読み聞かせイベントに参加しました!
    絵本ナビのイベントレポートをご覧ください☆

     

    時代を越えて愛される絵本は、みんなを笑顔でつなぐ~
    「カルピス絵本」読み聞かせイベントレポート
    https://style.ehonnavi.net/lifestyle/calpisehon/2018/07/25_003.html

     


    08/02 [木]

    1 2 3 4 5