おしらせブログ

【レポート】2013年4月27日公演「生でみる!きく!昔ばなしとお歌」~前編~

こんにちは! 愛河里花子です。

公演のレポートの前に、まず、CDが生まれた経緯をお話しさせてください☆

ドラマと歌のCD「~こどもとの暮らしを楽しむ言葉をちりばめた~昔ばなしとお歌」を、昨年末にリリースしました。私は、初めての脚本に挑戦。「ホントに書けるの?」と、不安になったりしました。

で! 「こんなCD作りたいんだけど、いっしょにやってくれない?」と、おもろい声優ともだちに声をかけてみました。はい、“ともだち頼み”です(^^)
そして、みんなから即参加のお返事をいただき、大安心のハンコをポン! と押してもらいました。

その方々は、、、矢島晶子ちゃん、間宮くるみちゃん、関智一くん、かかずゆみちゃん、大谷育江ちゃん、野島健児くん、ダンナの岩田光央です。
つまり、しんちゃん、ハム太郎、スネ夫、しずかちゃん、チョッパー、ペレ、イワンコフです。ね、おもろいでしょ(^^)

そして、ノートに向かって「ももたろう」とタイトルを書き、「むかしむかし~」と書きはじめると、私の耳の内側で、みんなが勝手におもしろく、素晴らしく演じてくれて、その声に後押しされながらペンを進め、脚本を書き上げることができました。

でも! でもです。
収録の時、実際みんなに演じてもらったら、、、私の妄想耳なんか遥かに越えた、おもしろさ、素晴らしさだったのですっ!!

も~、爆笑と感動と感謝にあふれまくりで、脱帽するしかありませんでした!

そしてCDができあがると、「ああ、このお話でこのメンバーで人形劇をやったら、か~わいいだろうなあ」という野望が生まれ、今回の公演を企画しました!

前置き長くなりましたが、いよいよ公演のレポートに入りますね(^^)

ゴールデンウイーク初日の4月27日、土曜日。お天気にも恵まれました。

まずは、人形劇「うさぎとかめ」からスタートです。人形劇ステージの横にマイクを3本立て、アニメのアフレコのように声優陣がマイクを入れ替わり、動くパペットを見ながら声を当てました♪

昼の部では、智一うさぎが、くるみかめに「おまえ足“速”すぎだろ!」とセリフを間違え、私が思わず「違うよ」と素でツッコミ、智一くんがアドリブでセリフを作り変えるという、ライブならではのハプニング芝居に! 人形を動かす黒子さんは、智一くんが何を言い出すやらドキドキ! お客さんと出演者はゲラゲラでした(^^)

続いて、人形劇「おむすびころりん」。かわいい5ひきのネズミたちは、声を担当する出演者それぞれなんとなく顔が似ています♪

畑の穴からネズミの声が聞こえてくるシーンでは、ネズミ役のみなさんがプラスチックカップを口に当て、声をこもらせました。ホンモノのアフレコ現場みたいでした。

CDにはない、ネズミとおじいさんの「楽しい余興 ~モノマネコーナー~」のシーンでは、それぞれがおなじみのあの役をあの声で披露! 上演後、こどもたちの中から「似てない人がいた!」という声が上がり、会場がドッと揺れました(この人形劇のデザインと製作と演出は、鈴木かおりさんが担当してくださいました☆ かおりさんが人形劇の活動をされていたので、アイデアが生まれ、実現した公演です。かおりさん、ありがとう!)。

人形劇の後は、15分の休憩を挟んで、大型絵本の読み聞かせと、歌のコーナーへ☆
後編へ続きます!

05/20 [月]

1 2 3

【レポート】2013年4月27日「生でみる!きく!昔ばなしとお歌」~後編~

さて、「うさぎとかめ」「おむすびころりん」の人形劇の後、休憩時間にクールダウン&リフレッシュしたこどもたちは、ピクニックエリアに舞い戻りおひざを抱えて、ワクワクニコニコ始まりを待ってくれています。(集合早いこと!)

後半は、50センチサイズの大型絵本の読み聞かせから~。
お昼の部では、まず私が「きょだいなきょだいな」(作:長谷川摂子/絵:降矢なな)を。「きょだいなピアノがあったとさ~」と読むと、絵本の中のピアノと、絵本の後ろに佇む本物のステキなピアノをニコニコ見比べる子も♪ シュールなお話と印象の強い絵をみんなで楽しみました。

続いて、矢島晶子ちゃんによる「めっきらもっきらどおんどん」(作:長谷川摂子/絵:降矢なな)。被災地などでの読み聞かせ活動も精力的に行なっている晶子ちゃんが、こどもたちに人気の作品を読んでくれました。3人のおばけたちのキャラ分けが楽しい読み聞かせに、大人もこどもも瞳キラキラでした☆

夕方の部は、かかずゆみちゃんの「おおきなかぶ」(作:Aトルストイ/絵:佐藤忠良)です。ゆみちゃん自身もこどもの頃に大好きだった、思い出深い作品だそうです。「うんとこしょ! どっこいしょ!」と、会場のこどもたちも声を合わせてかぶを抜くマネをしていてかわいかった♪

そして、大谷育江ちゃんが「めっきらもっきらどおんどん」(作:長谷川摂子/絵:降矢なな)を。お昼の部では矢島晶子ちゃんが読んでくれましたが、同じ絵本でも、読み手が違うと全然違ったものに☆ 読み聞かせの醍醐味と魅力を改めて感じました。

読み聞かせの次は、今井ゆうぞうさんの歌のコーナーに♪
お昼の部は「アイアイ」、夕方の部は「森のくまさん」を会場のみなさんと掛け合いで歌いました!

そして、こどもの日も近いので「こいのぼり」を。智一&光央の“こいのぼりダンサーズ”が歌詞を持ち、ゆうぞうおにいさんの横でおもしろそ~に揺れています。ここでしか観られないなんとも珍しい光景です(^^)
こどもたちの元気いっぱいの歌声がホールに響き、大人たちも笑顔いっぱいです☆

最後は、ゆうぞうさん作詞のCDオリジナル曲「ありがとう・・・」を出演者一同と、声と未来が主催する「石橋優子ボイストレーニングクラス」のみなさんとで、大合唱をしました。さらに! きっとヘビィローテーションで何度もCDを聞いてくださっている大人の方々や小さなこどもたちもいっしょにしっかり歌ってくれて、スタッフ・出演者一同“ありがとう”をかみしめました。

ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました!
みなさんの後ろ姿を見送りながら、「絶対にまたやろう!」という思いが湧いてきました。
今回はご来場がかなわなかったみなさまも、ぜひ次回いらしてくださいね☆

この公演をきっかけに、「また昔ばなしとお歌CDを聞いてみよう」とか「絵本を読んでみよう」と思っていただけたら、何よりうれしいです♪

そして、ほぼ毎週火曜日に開催している 声と未来の「読み聞かせ会」にもぜひぜひ遊びにきてくださいね。お待ちしていますo(^-^)o

1 2 3

【レポート】「生でみる!きく!昔ばなしとお歌」ご来場ありがとうございました。

声と未来公演「生でみる!きく!昔ばなしとお歌」に
ご来場いただきまして、ありがとうございました!

人形劇・大型絵本の読み聞かせ・歌のライブと盛りだくさんでお送りしました。

今回の公演は、客席の照明が暗くなるわけでもなく、
ステージが高くなっているわけでもなく、出演者も客席待機のスタイルでした。
‘観る’と‘観せる’の境目がゆるく、
「ここにいるみんなで、出し物を楽しむ」というような
とてもとてもアットホームな会となりました。

改めて写真を織り交ぜつつ、レポートいたします♪

これを機会にCD「~こどもとの暮らしを楽しむ言葉をちりばめた~昔ばなしとお歌」を、
またお聞きくださいね(^^)!

05/01 [水]

1 2 3

【レポート】常陸太田市立図書館で読み聞かせ♪

春うららか~な陽気の3月16日。
茨城県常陸太田市立図書館にお呼ばれして、読み聞かせをしましたよ♪

凛とした空気、暖かい陽射し、本のにおい。。。
なんとも、心地のよい場所です。

小さな絵本や、大型絵本の読み聞かせ。
「CD昔ばなしとお歌」より、うさぎとかめの朗読劇も☆

おひざにだっこの小さな子から、おじいちゃん、おばあちゃんまで。
幅広いお客さまに来ていただきました。

中には、「幼稚園の頃ハム太郎を見てました~」という赤ちゃんだっこしたお母さんも、、、!
時の流れの早いこと早いこと。

また会えるときには、赤ちゃんがどのくらい大きくなっているのかなー??

常陸太田市立図書館のみなさま、お世話になりました(^^)!


03/28 [木]

1 2 3

【レポート】クリスマス・ゴスペルミニコンサート♪

絵本の読み聞かせ会開催でお世話になっている、四ツ谷三丁目の消防博物館。
クリスマス間近の12/22に、ゴスペルミニコンサートを行いましたよ♪



まずは、アカペラで

☆we wish you a merry Christmas
☆O holy night
☆angels we have heared on high
☆white Christmas

そして クワイヤで
☆silent night
☆jesus oh what a wonderful child
☆joy
☆Santa Clause is coming to town

吹き抜けのホールに副理事・高柳千野の迫力ある歌声が響き渡ります!!
背後にはクラシックなハシゴ車!
そして上の階には熱唱を見守る千野の父と娘の姿!?シュールです(^o^)。



ゴスペルワークショップを仲間と楽しく、自分に厳しくがんばった受講生のみなさん♪
お客さまのしあわせなクリスマスを祈りながら、歌う喜びを胸いっぱいに抱きながら、
思いを声に乗せて表現しました。

うれしいアンコールの手拍子鳴りやまず
ホントにぶっつけ本番で‘天使にラブソングを’でおなじみのOhHappyDayをお届け☆
ラララ~♪を会場のお客様とコール&レスポンス!楽しく温かい一体感。

まさにクリスマスにぴったりなコンサートとなりました(^^)。

*************

消防博物館。
私は、うちのこどもが2、3才の頃、せがまれてよく通っていました~。
まだ、行かれた事のない方はぜひ☆
はしご車のはしご部分が木製だったりするクラシックな消防車が、ズラリと並んでいます!
その他、消防の歴史や、出動の様子など、詳しくわかりやすく学べます。

・・・消火や救助の様子を知ると、ほーんとにありがたいな~~と、じーんときますよ、、、!

◆消防博物館(東京消防庁 消防防災資料センター)◆
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-10
(※丸ノ内線・四ッ谷三丁目駅直結、徒歩1分)
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/museum.html


01/25 [金]

1 2 3

【レポート】ここんとこ、とんと絵本を開かなくなったみなさんへ向けた絵本の読み聞かせ会(夜の部)

さて続いて、夜の部です。

外に面した壁が全面、半透明のガラスなので、
昼間は明るく開放的な印象だった会場も、
日が暮れると暗く静かな集中した空間に変わりました。
これまたステキ☆

夜の部のトップバッターも、
着崩れ知らずの小粋な和服マドンナ(!)かかずゆみによる
『じゅげむ』(作・絵:川端誠、クレヨンハウス)。

人情あふれる下町の人々。
あたたかくて活きのいい会話のやりとり。
話のテンポも心地好く、
パーカッションもノリを煽るように
「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ~♪」のリズムがだんだん早くなり
お客さんの笑いを誘っていました(^^)。

つぎは私、愛河の
『おまえうまそうだな』(作・絵:宮西達也、ポプラ社)。
普段の読み聞かせと同じように
47センチの大型絵本を使っていつものように読んでいると、
ふと、「今は当たり前になってるけど、3年前はこの大きさの絵本があることすら知らなかったな」
なんて現状に感謝。

しっかし、この作品は大人に響いてしまう一冊ですよね~。
ゆみちゃんは、私が読み聞かせ会で読んだこの作品がきっかけとなり、
声と未来に仲間入りしてくれました☆

さあいよいよ、特別ゲストの佐久間レイさんによる
『ふくびき』
(作:くすのきしげのり、絵:狩野富貴子、小学館)です。

中嶋譲治さんの美しいピアノが添い、
空間は一気にクリスマス! 冬の香りに包まれました。
冬だからこそさらに温かく感じる、
姉弟・親子・町のみなさんの思いやりやぬくもり。
指先と目頭がじーんと熱くなるような、
福“引き”というか、
福“与え”な物語の世界にトリップしました(^^)。

続いても、レイさんによる歌唱。
なんと「アンパンマンのマーチ」!
ジャジーなピアノで、大人向けバージョンです。

「今を生きることで~、熱いこころ燃える~、だから君はいくんだ、ほほえんで~♪」
しっとり、じんわり染みる歌詞。曲。声。
こんなに愛を歌った歌だったんですね。

夜の部でもきっちり
「声と未来」の活動報告をさせていただきました。

発足当時は3人。
こんなに同じ志をもつ仲間と、
賛同してくださる方々が集まってくれるとは
思い描けませんでした。
当時を振り返りつつ、ただただ感謝です。

そして「声と未来の歌声」に続きます。
夜の部はゴスペル講師の長尾千佳子さん、
ゴスペルワークショップ受講者のみなさん、
ゴスペルグループ「one project」のみなさん、
声と未来副理事・高柳千野によるゴスペルです。

「You Are Good」
「Oh Happy Day」
「Joyful, joyful」

このホールは普段、結婚式にも使われるそうで、
教会風の造りと反響がゴスペルにピッタリ!
迫力のステージでした。

最後は伊藤美紀による
『ちいさなあなたへ』
(作:アリスン マギー、絵:ピーターレイノルズ、翻訳:なかがわちひろ、主婦の友社)。

我が娘への愛や、想いが描かれている作品。
会場に娘さんが来ていた彼女は、どんな気持ちで読んだのでしょうか。
今回、撮影係を引き受けてくれた美紀ちゃんのお嬢さんは、
レンズを通してどんな気持ちでお母さんを見て、聞いていたのでしょうか。
ちょっと恥ずかしかったかな?
お母さんだけ、アップの写真がありませんでした(^^)。

今回の読み聞かせ会では、
読み手自身が読みたい本、
または私が読んでもらいたい本をリクエストしたのですが、
昼の部も夜の部も、“家族”というテーマが柱になっているものばかりでした。

「(テーマを決めて)集めたの?」と、
当日、見に来てくれた友人に指摘されて
「うわ! ほんとだ!」と気づいた次第ですが(^^)。

大切にしたいもの。
それなのです。

「子育て、やっぱりちょっとタイヘン。誰か短い時間でいいから手ェ貸して~~」な部分を
「はいよ。じゃ絵本でも読もうかね」なんてお手伝いできたらな、と。
近所の世話焼きおばちゃん的な団体でありたいと思っています。

今回の公演は、そんな私たちの子育て“支援”活動を、
寄付というカタチで“支援”してくださるみなさんに向けて開催しました。

ご賛同&ご来場いただいたみなさん、
ありがとうございました。
チカラが湧きます。
みなさんのお気持ちを活動に変えて、
ママ&パパ&子どもたちに全力で届けます!

また、会場を快く貸してくださったポプラ社さん、
本当にありがとうございました。
これからも、月2回の読み聞かせ会@ポプラ社絵本ルームでお世話になります。

今回いらしてくださった方々が
この公演をきっかけに、
絵本を手に取ってみてくれたり、
小さな子どもや親子連れにやさしい眼差しを向けてくださることを願います。

みなさん、ありがとうございました!

05/27 [日]

1 2 3

【レポート】ここんとこ、とんと絵本を開かなくなったみなさんへ向けた絵本の読み聞かせ会(昼の部)

日本全国が2012年度の入社式を迎えた4月2日、月曜日。

ポプラ社でももちろん入社式がとり行われましたが、
そんなタイヘンな日に会場を貸してくださいました。

まずは、小粋なお着物姿で登場した(着付けは本人!)かかずゆみによる
『じゅげむ』
(作・絵:川端誠、クレヨンハウス)で
昼の部のスタートです。

誰もが知ってる「じゅげむ」。
でも実は、どんな話なのか誰もがちゃんと知ってるわけではない「じゅげむ」。

「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ~♪」という、
あの名前を語る部分に、パーカッションが木魚のように入りました(^^)。

続いては、愛河里花子の夫、岩田光央による
『とうちゃんなんかべーだ!』
(作・絵:伊藤秀男、ポプラ社)。
まさかの結末に、会場は唖然! のち笑いの渦に!
大人ならではの“ツボ”って……ある☆
私も本屋さんで立ち読みしたとき、
その結末に思わずしゃがみ込んで笑いを押し殺したっけ。

次は私、愛河が大型絵本で
『おまえうまそうだな』
(作・絵:宮西達也、ポプラ社)を読みました。

終盤の文字のないページが大好きです。
その「間」に、読み聞かせの醍醐味が。
しーんとしている静寂の中で、
みんなの心は同じ方向に大きく揺さぶられる、
なんとも言えない一体感が生まれます。

そして、「NPO法人 声と未来」の活動報告へと続き、
立ち上げたきっかけから、現在の活動までをお話しました。

ここで、お話はいったんお休み。
「声と未来の歌声」の時間になりました。

声と未来スタジオで行われているボイストレーニングの講師、石橋優子による歌唱と、
伴奏は数々の有名アーティストのバンドマスターを務めていらっしゃる菊池真義さんです。
ホイットニー・ヒューストンの名曲「I Will Always Love You」に、
THE BOOMの代表作ともいえる「風になりたい」。

歌う人がひとり。弾く人ひとり。
それなのに、あの広がり、あの深さ……。
心に残る時間となりました。

次は、野島健児による『草原の少女プージェ』
(著・写真:関野吉晴)。
絵ではなく「写真」。
物語ではなく「ドキュメント」。
その“真実”が、胸に迫ります。
野島くんが「こどもたちのために活動をしたい」と思うきっかけになった作品だそうです。

そして最後の絵本は、
伊藤美紀による
『ちいさなあなたへ』
(作:アリスン・マギー、訳:なかがわちひろ、主婦の友社)。
ギターはふたたび、菊池真義さん。

この絵本を初めて読んだ時、
私の心の耳には、気がつけば彼女の声が聞こえており、
それでリクエストしてしまった一冊。

特に、娘を持つお母さんに読んでいただきたい絵本。
美紀ちゃんの心にも、とても響いたそうです。
ちなみに、今回の写真はすべて美紀ちゃんのお嬢さんによるものです。

そして最後のごあいさつでは、
思い出に残った絵本の話で『ちびくろサンボ』が話題に!
トラのバターにパンケーキ。どんな味かな~と思いめぐらせたっけ(^^)。

読み手の面々は、
子どものころ、お母さんお父さんによく絵本を読んでもらった人、
まったく読んでもらわなかった人、
いろいろ。
そしてこの日、聞きに来てくださった大勢のみなさんを前に、
絵本の読み聞かせをしているということが、
なんだか不思議なことのように感じられたのでした。

昼の部に、お越しいただいたみなさん、ありがとうございました(^^)。
夜の部のレポートへ続きます☆

1 2 3

【レポート】読み聞かせ@千鳥保育園(2010年11月9日)

大田区の、小高い坂の上にある大きな木々に囲まれた千鳥保育園。
先生方のあたたかな眼差しと豊かな自然に見守られ、
安心感いっぱいのステキな保育園にうかがいました(少し前になりますが)。

今回は、0、1、2才の乳児クラスと3、4、5才の幼児クラスに分かれて、
大型絵本の読み聞かせと手遊びをしました。
 

 
乳児さんチームは、ニコニコ。
幼児さんチームは、ギャハギャハ。

幼児さんチームでは、手遊びの枠には入りきらない“スーパー体操”になってしまい、
大盛り上がりでした!
 

 
園のみんなと同じテーブルを囲み、おいしいお昼ご飯もごちそうになりました。
野菜スープおいしかった!

後日、園の畳の絵本スペースで、子どもたちがおうちの方へ、
私が読んだ絵本を使っての読み聞かせごっこをしていたそうです(^^)。

保育園や幼稚園のおたのしみ会などへも、フットワーク軽くうかがっています。
ご質問やお問い合わせなどがありましたら、お気軽にご連絡ください(コチラから)。

01/19 [水]

1 2 3

【レポート】読み聞かせ@姫路文学館(2010年8月1日)

姫路文学館で読み聞かせ会をしてきました!

世界遺産、姫路城を臨む高台に建つ姫路文学館(設計は巨匠・安藤忠雄さん)。
誇らしく、でも決してえらそうじゃなく、包みこんでくれるような威厳を持って、
迎え入れてくれました(俳優にたとえるなら宇津井健な感じ?!)。

ここで、この夏およそ2ヶ月に渡って行われていたのが
「あそぶぜ!かいけつゾロリのおたのしみ大さくせん
〜原ゆたかとゾロリのなかまたち」という展覧会(7月16日〜9月20日)。
私は、かいけつゾロリのアニメで、
ゾロリの子分・イノシシの山賊「イシシ」を担当して以来、
原ゆたか・京子夫妻とはとても仲良くさせてもらっています。

そこで、イシシ&ノシシがゾロリに出会う前のお話
「イシシとノシシのスッポコペッポコへんてこ話 へいきのヘイタ」という作品を
読ませていただくことになったのです
(2年前にも鎌倉文学館で開催された同じ展覧会で読み聞かせを行いました)。

当日は大変な猛暑(今年の夏、あつかったですよね〜)。
にもかかわらず、2回行われた読み聞かせ公演には、
それぞれ300名ずつ、およそ600名のファミリーがいらしてくれました!

おばけが登場する場面では シーーン、ゴクリ‥‥。

その後の ヘイタのずっこけ場面では 怖さから解放されて大爆笑!!

こどもの反応は、かわいい! 素直! わかりやすい! だから怖い! だからたのしい!

約30分の公演でしたが、小さな子どもたちもよく集中して聞いていました。
会場中に一体感が生まれ、なんとも不思議な、
豊かな時間をみなさんと過ごすことができました。

帰りは 名物アナゴのお弁当をみんなでワイワイいただきました(^^)。

12/18 [土]

1 2 3